日本ハム大田「本当に気持ちだけ」気迫満点の適時打

日本ハム大田「本当に気持ちだけ」気迫満点の適時打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/14
No image

日本ハム対ロッテ 5回裏日本ハム2死一、二塁、中前適時打を放つ大田(撮影・黒川智章)

<日本ハム4-6ロッテ>◇14日◇札幌ドーム

日本ハム大田泰示外野手(27)が、気迫満点の勝ち越し打をマークした。

5回に同点とし、なお2死一、二塁。2球で追い込まれたが最後は128キロのチェンジアップをしぶとくすくい上げ、中前に運んだ。打球が遊撃手の頭上を越えた瞬間、一塁を目指して走りながら両手をたたき喜びを表した。8日西武戦以来の打点。

「本当に気持ちだけですね。前の打席でチャンスで凡退もしていましたし、何とか前にだけは飛ばそうと思っていました」と気合に満ちていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
札幌Dに「おにぎり」グッズ急増中 “先輩撃ち”のハム横尾「もっと増えてほしい」
西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」
清宮が「世界」で通用しなかった理由
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
慶大・岩見連発17号 歴代8位、大森らに並んだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加