概念を覆す音色 舘野泉 (ピアニスト)

概念を覆す音色 舘野泉 (ピアニスト)

  • 週刊文春WEB
  • 更新日:2016/10/21
No image

©武藤章

ピアニストの舘野泉さんは、2002年、コンサート直後に脳出血で倒れ、右半身の自由を失った。そして「左手のピアニスト」として復活したのが04年。その舘野さんが、今年、傘寿を迎える11月に記念コンサートを開く。

「節目ではあるのですが、感慨よりも、演奏できる、その喜びの方が大きいでしょうか」

第一次大戦後の欧州で、負傷したピアニストから生まれたのが、左手のピアノ音楽だ。

「藝大生の頃からモーリス・ラヴェルの『左手のためのピアノ協奏曲』が好きでした。だから左手だけになっても、悲壮感より音楽ができる喜びの方が強かった。両手であれ片手であれ、音楽をやることに変わりはありませんから」

ただ、片手故に単音が流れるだけの退屈な響きをどうすれば変えられるのか、答えを求める日々が続いたという。やがて3カ月ほどで音と音の隙間を繋ぐものが生まれ、いまや黒白の鍵盤の上を自在に泳ぐ五指から、編み込まれたような音が奏でられるほどだ。

「左手の奏者のための楽曲は少なかったのですが、いまは様々な音楽家が提供して下さるようになりました。両手の演奏ではやりつくされた表現も、片手ではまだまだできることが沢山あるからです。例えば指の演奏に加え、肘を打楽器代わりに使う曲を書いたフィンランドの音楽家もいます。鍵盤の右から左と、全身で弾くから大変です(笑)。左手だけで12年弾いていますが、いやぁ飽きないですねぇ」

「舘野泉 傘寿記念コンサート」

11月10日 東京オペラシティ・コンサートホール
https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=478

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ピコ太郎ライブに1万人「変化についていけない」
「こんなに日本人いたんですね」!ピコ太郎が初のフリーライブで人混みにビックリ
X JAPAN、新曲「La Venus」世界初披露。『SONGS』で奇跡のスタジオライブが実現
「乃木坂46」が3期生お見立て会 “プリンシパル”公演が復活!
薬師丸ひろ子のデビュー35周年を記念したラジオ番組が放送決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加