“飛び蹴り”マネ、処分受け止めるもレッドにはびっくり...「傷つける意図はなかった」

“飛び蹴り”マネ、処分受け止めるもレッドにはびっくり...「傷つける意図はなかった」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/15
No image

リバプールのMFサディオ・マネは、9日に行われたマンチェスター・シティ戦であった接触プレーで一発退場となり、リーグ戦3試合の出場停止処分を受けた。マネはこの処分を受け止めながらも、「彼を傷つける意図はなかった。僕はそういうタイプの選手じゃない」と反論している。英『ミラー』が報じた。

マネは前半37分に相手GKエデルソンと交錯。相手の頭部に“飛び蹴り”を食らわせるような形になってしまい、退場を宣告された。エデルソンは8針を縫う負傷で、「相手のゴールキーパーを傷つけるつもりなんてなかった。あれは良くなかったし、彼がすぐに復帰できることを祈っている」と、まずは反省の弁を述べた。

しかし「あれはボールに対するチャレンジだった。確かに望まない形での接触だったから彼には謝ったよ。ただ、コンタクトプレーもサッカーの一部だ。自分のやり方を変えることはできない」と、故意ではなかったことを強調。タフな接触プレーもサッカーと受け止め、必要以上に自身を責めないマネは「レッドカードを見たときは驚いたよ。おそらくイエローだと思っていたからね」と続けると、「僕はボールにいっていたし、彼を傷つける意図はなかった。僕はそういうタイプの選手じゃない」と主張した。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!
ペップ・シティ、2季目で明確なスケールアップ。ここ3試合で16得点0失点、死角はあるのか
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
岡崎慎司がまた決めた! リバプールを相手に身体を張った気迫の一撃!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加