橋爪遼被告に有罪判決  東京地裁で公判 懲役1年6月 執行猶予3年

橋爪遼被告に有罪判決 東京地裁で公判 懲役1年6月 執行猶予3年

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

判決公判を終え無表情で裁判所を後にする橋爪遼被告=東京地裁(撮影・開出牧)

俳優・橋爪功(76)の息子で、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕、起訴されていた俳優・橋爪遼被告(30)の判決公判が13日、東京地裁で行われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡された。

橋爪被告は初公判の時と同様、黒スーツに黒ネクタイ姿で入廷。傍聴席に向け、5秒ほど深々と頭を下げた。判決を言い渡された際には、表情を一切変えずに裁判長の言葉を受け止めた。最後に何か言おうとしたものの、裁判長から退廷を促され、再び傍聴席に一礼して退廷。迎えの車で東京地裁を後にする際も表情は変えず、報道陣の問いかけには一切応じなかった。

橋爪被告は、6月2日ごろ、埼玉県新座市の男性宅で、現金2万円を払って覚醒剤を使用。10月20日に行われた初公判では起訴内容を認め、覚醒剤については「二度と手をつけることはありません」と宣言した。だが検察側から手を切る具体的な方法を聞かれるも「二度としない、そう思っています」と話すにとどめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃木の国道で軽乗用車衝突、9か月女児死亡
高額費用が点検の重荷に 非常電源の負荷運転
軽自動車とワゴン車が正面衝突 9カ月女児が死亡
イタリア 大物マフィア死亡「ボス中のボス」
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加