ある日突然病気が発覚!今だから言える心臓手術を受けてわかったこと

ある日突然病気が発覚!今だから言える心臓手術を受けてわかったこと

  • @DIME
  • 更新日:2022/01/15
No image

@DIME記事の中から心臓手術の実録記事3本を厳選して紹介します。

心臓手術を受けてみてわかったこと

心臓手術を体験して感じたこと(1)病気の発見から病名確定まで

昨年から各メディアで見聞きする心臓の病気といえば、武田信玄と上杉謙信の掛け合いによる日本心臓財団の「それ、年のせいでなく弁膜症かも」(ACジャパン支援キャンペーン)だろう。  息切れや疲れやすいなどの兆候があれば、早めに病院へ行き検診を受けることを進言する内容だ。特に高齢者層をターゲットにしていることも伝わってくるが、中高年層にも危険性はある。突然病気が発見されることも珍しくない。何を隠そう、筆者もそのひとりだった。

【参考】https://dime.jp/genre/539989/

心臓手術を体験して感じたこと(2)手術までの経緯

No image

この記事は、ある日突然心臓弁膜症が発見され、あれよあれよという間に手術を受けることになった筆者の実体験です。病気の発見から手術する病院を決めるまで、術前検査や入院生活、術後のリハビリと日常生活について、ありのままに書いています。

【参考】https://dime.jp/genre/540002/

心臓手術を体験して感じたこと(3)手術と術後の日常生活

No image

手術前日は再び剃毛。そして浣腸。  当日は手術室に入る前に精神安定剤を肩に注射し、1時間後にはストレッチャーに乗せられ手術室へ。そこで麻酔医と少し話をしたまでは覚えているが、次に気が付いたのはICU(集中治療室)の中だった。  後日、記録を取り寄せると次のような流れになっていた。

【参考】https://dime.jp/genre/540017/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加