スカイマーク、5年連続で定時運航率トップ 2021年度実績

スカイマーク、5年連続で定時運航率トップ 2021年度実績

  • Traicy
  • 更新日:2022/08/06
No image

国土交通省は、2021年度(2021年4月〜2022年3月)の航空各社の定時運航率を発表した。

客席数が100席以上もしくは最大離陸重量が50トン以上の航空機で運航する、特定本邦航空運送事業者の全10社中、トップは2017年度から5年連続でスカイマークだった。定時運航率は98.44%となった。定時運航率は、全体の便数に占める出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合を示すもの。

洞駿社長は、「5年間にわたり1位を維持できましたのは、常に各部門間が緊密な連携を心がけていること、そして運航に関係する一人ひとりが日々のオペレーションに集中し、向上心を持って取り組んできた成果」とのコメントを発表した。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加