広島の大道、初先発で力投 プロ野球

  • 時事通信社
  • 更新日:2021/06/11

広島の新人、大道が初先発のマウンドで力投した。勝利にはつながらなかったが、5回を無安打無失点と同学年の山本と五分に投げ合い「自分の中では出来過ぎ。投げ合えて勉強になった」と振り返った。

立ち上がりに2四球を出したものの、威力のある直球を軸に二回以降は走者を出さなかった。今季は開幕から中継ぎで17試合に登板し2勝。先発としても役割を果たした右腕に佐々岡監督は「すぐに修正できたのは大したもの。しっかりしたフォームで投げ切れていた」と合格点を与えた。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加