イラストレーター326(ミツル)、いじめに関する過去作品の真意説明

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21

音楽グループ「19」の元メンバーとしても知られるイラストレーターの326(ミツル=43)が、いじめについて書いた過去の作品について、あらためて真意を説明した。

326は19日、ミュージシャン小山田圭吾の過去のいじめ告白記事が問題となる中、自身の過去の作品で「いじめられる側にも問題がある」といった趣旨の文章を読んで傷ついたというユーザーのツイートを受け、「学生時代いじめられてた事があったからきっと自分にも問題があったと思ってそう書いたんだと思う」とした上で、「自分がいじめられた側だったとしても、それが同じ境遇の人を追い込む事もあるわけで未熟な言葉でした。ごめんなさい」と謝罪した。

21日には、「20年前に書き、それで傷ついた方がいたと謝罪させていただいた作品は、この画像の絵と文章です」と、当該作品をアップし、「その当時から、いじめに対して否定しかしてないです。いじめてないです。普通にいじめられてた方です笑 『エールのつもりだったけど圧迫された人もいたよね、ごめんね』と謝りました。いじめは犯罪です」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加