未舗装の道路、ぬかるみ...救助難航、病床も足りず アフガン東部地震

未舗装の道路、ぬかるみ...救助難航、病床も足りず アフガン東部地震

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/23
No image

"アフガニスタン東部ホースト州で22日、地震で倒壊した民家の近くに立つ子どもたち=AP"

アフガニスタン東部で22日未明に発生し、1千人以上が亡くなった地震で、救助活動が本格化している。昨年8月に権力を掌握したイスラム主義勢力タリバンの暫定政権は、ヘリコプターや救急車を派遣して負傷者の搬送を進めている。ただ、震源地周辺は山岳地帯でインフラ整備が進んでおらず、難航している。

泥や岩のもろい家、就寝中に次々倒壊 長雨も影響?アフガン東部地震

地元メディア「トロニュース」などによると、地震による死者は22日時点で1千人、負傷者は1500人以上に上っている。震源地周辺は未舗装の道路が多く、地震前に続いた降雨で道がぬかるんでいるところもある。一部の負傷者は首都カブールの病院などに搬送して治療しているが、病床も足りていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加