「ボディラインが崩れてきた...」やってよかった!体のたるみをカバーするコツ【体験談】

「ボディラインが崩れてきた...」やってよかった!体のたるみをカバーするコツ【体験談】

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2022/01/15

急速におなかや二の腕がたぷたぷとたるみ始めたのは加齢のせい? 運動、食事制限ではどうにもならない“張り”をボディに取り戻そうと奮闘する40代半ばの女性の体験談を紹介します。

No image

ムチムチした体がコンプレックスだったのは10代までの話。20代からは痩せ気味の中肉中背で、ボディラインを褒められることもしばしばでした。第1子を出産した20代後半以降も変わらないプロポーションが自慢だったのです。

しかし、アラフォーで第2子を出産したあたりから徐々に体型が崩れ始めました。そしてついに40代半ばで、加齢によると思われるたるみに直面! 私が直面したたるみの傾向と、その対策についての体験談です。

ウエストも二の腕も、細さが自慢だったのに

No image

20代から30代にかけての私は、ボディラインが自慢の1つでした。洋服を買うときにはウエストがぶかぶかで困ったり、ノースリーブだと細過ぎる二の腕を出すのが恥ずかしかったり。服にもよりますが、5~7号サイズがぴったりでした。

特別背が高かったり脚が長かったりということはなかったものの、出るところは程良く出て、くびれるところはそこそこくびれていたので、目の錯覚も呼んでいたのでしょう。下着選びにも気を付けていて、ブラジャーは常に寄せて上げるタイプを、ショーツはTバックにして常にヒップをキュッと上げておくよう意識して過ごすか、ガードルできゅっと上げるかのどちらかを常に心がけていました。

しかし40代半ばを迎える少し前になって、自慢のボディラインは若さゆえの張りと下着の機能のおかげだったと気付くことになるのです。

ボディライン崩れ。原因は加齢によるたるみ!?

No image

40歳を過ぎてもそこそこプロポーションを褒められ、いい気になっていたのもつかの間。現実には、どんどん30代のころの洋服が入らなくなっていました。

まずは下半身。ヒップが入らない、太ももが入らない。 ついに自慢のウエストすらボタンが留められない服ばかりとなっていきました! こうなってくると、30代までの下着では太刀打ちできないかも……と徐々に気になりながらも、お気に入りの下着をやめられない日々。しかし何よりショックだったのは、自慢の二の腕や肩周りまでがたぷたぷになってしまったこと。慌てて運動も食事制限もしました。

でも、そのうちこれってぜい肉が増えただけではないんだなと気付きました。なぜなら、自慢だったウエストも二の腕も、よく見るとお肉が付いたというよりも単純にたるんでいたのです。ウエストも二の腕も、加齢によってお肉がたるんでたまっているように見えているんだと思いました。

下着と洋服で体型カバーに成功

No image

慌ててオンラインダンスやヨガ、ピラティスなどで運動したり、食事の量に気を付けたりして、たしかにぜい肉は減りました。でも、それだけではおなかのたるみや二の腕のたるみは解決せず、ぜい肉を減らしても張りは戻らないことを実感。そこで、若いときと同じように、まずは下着でボディラインを作ろうと思いました。とはいっても、体型が変化しているので、30代までと同じ下着はもう役に立ちません。高かった下着もたくさんありましたが、もう着けることはないと割り切って処分しました。

その代わりにそろえたのは、40代以上向けにたるんだ皮膚を持ち上げてきれいに見せてくれるというブラ。ショーツは、開いてきた骨盤をきゅっと押さえてくれる骨盤ショーツとガードルに変えました。これによっておなか周りを含む上半身は、だいぶカバーされました。

そして、着られなくなった洋服、たるんだ皮膚を感じさせるフィットした洋服はすべて手放し、フィットする部分と隠す部分のバランスの良い洋服を、意識して探すようにしました。これによって二の腕のたるみ、肩の丸みなどもカバー可能でした。アラフィフまでずっと着られそうな服を厳選して購入し、クローゼットの中身を総入れ替えしました。

まとめ

40代半ばで私を悩ませたたるみは、運動や食事制限だけを頑張ってぜい肉を減らしたとしてもなかなか改善できませんでした。ですが下着や洋服選びなど、体型をやさしくカバーしつつすてきに見せてくれる味方は、探せばまだまだ身近にあるのだと知りました。

今は運動や適度な食生活も維持しつつ、たるみをカバーしてくれるすてきな味方を増やしていこうと思う日々です。年齢を重ねることで起きるマイナス事項とも向き合って、前向きに過ごしていこうと気持ちも切り替わりました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

関連記事:「そんなに食べてないのに体重増加」更年期でも諦めない!無理なくできたダイエット【体験談】

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

著者:まっちゃ

40歳で再び独身に戻った、バツ2シングルマザー。30代まではボディラインにも肌にも自信あり。40代初期はプロポーションを褒められたり、そこそこモテたりでいい気になっていたが、40代半ばになり加齢の現実を徐々に目の当たりにしている最中。

監修者:医師 黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加