現役組員が語る「本物だと思うヤクザ映画」 圧倒的人気は『仁義なき』

現役組員が語る「本物だと思うヤクザ映画」 圧倒的人気は『仁義なき』

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2021/10/14
No image

やはり圧倒的1位は…(写真/共同通信社)

ヤクザ映画は“一般人”にも人気だが、本当の評価を知るにはヤクザに話を聞くのが筋というものだ。そこで、ライターの鈴木智彦氏が現役組員100人にアンケートを実施。鈴木氏が綴る。

【表】「ヤクザ映画は好きか嫌いか?」「監督なら主役を誰にするか」など、現役ヤクザ100人に聞いたアンケート

* * *
【問】「本物だと思うヤクザ映画は?」

・1位『仁義なき戦い』シリーズ 43票
・2位『竜二』 8票
・3位『昭和残侠伝』シリーズ 7票
・4位『仁義の墓場』 6票
・4位『沖縄やくざ戦争』 6票
・6位『悪名』シリーズ 5票
・6位『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』 5票
・8位『網走番外地』シリーズ 4票
・9位『山口組外伝九州進攻作戦』 2票
・同率10位 それぞれ1票 『すばらしき世界』、『激動の1750日』、『山口組三代目』、『県警対組織暴力』、『修羅の群れ』、『アウトレイジ』シリーズ、『ソナチネ』、『極道の妻たち』シリーズ、『博奕打ち 総長賭博』、『やくざと抗争』、『ヤクザと家族 The Family』、『制覇』、『北陸代理戦争』、『バカ政ホラ政トッパ政』

実を言えば最初は『仁義なき戦い』『仁義なき戦い 広島死闘篇』『仁義なき戦い 代理戦争』『仁義なき戦い 頂上作戦』『仁義なき戦い 完結篇』の5作が圧倒的人気すぎて、ほぼ半数になってしまった。その後のシリーズも人気が高く、映画マニアに叱られるのを覚悟でひとまとめにして集計した。

俳優としては高倉健が圧倒的な人気なのに、作品評価だとベタベタの任侠映画の評判が振るわない。単にあまり観られていないせいかもしれない。

他の映画もシリーズはまとめてある。若い組長、幹部、組員にも圧倒的に昔のヤクザ映画が人気である。奮闘したのは『すばらしき世界』と『ヤクザと家族 The Family』で、どちらもコロナ下で封切られたにもかかわらず、10人以上が劇場に足を運んでおり、「ヤクザ映画で初めて泣いた」(関西独立団体幹部)と高評価だった。

取材にギリギリまでかかってしまったのだが、結果を集計してみると相応に面白い。ヤクザの肉声を聞いていると、やっぱり自分たちを題材にした映画には興味があり、映画好きのヤクザが多い印象があった。

自ら東興業、通称、安藤組を設立し、横井英樹襲撃事件を起こして逮捕され、引退して映画俳優に転身した安藤昇は、生前、こう話していた。

「題材がヤクザというアウトローだけで、ヤクザ映画の主人公はみな自分の掟と道徳を持っていた。行動が適法的ではないだけで、人でなしではなかった。でもヤクザはしょせん裏社会の人間だから、表社会の人間のようにそれを誇ったりしない。しょせんヤクザは悪党だ。でもよ、自らを悪人と自認しているだけ、アウトローはまともな人間だと思わないか?」

高倉健が圧倒的に人気なのは、まさに安藤のいう通りの理由だろう。また『仁義なき戦い』がヤクザに高く評価されたのはヤクザ云々ではなく、人間そのもののドラマだからだろう。

日本の中で拳銃を振り回し、殺し合いを演じてリアリティのある人種は、ヤクザと警察官と自衛隊員だけである。ヤクザはサラリーマン同様の組織人だが、公務員のような不自由さはない。もっと面白いヤクザ映画はきっと作れる。

【プロフィール】
鈴木智彦(すずき・ともひこ)/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。雑誌・広告カメラマンを経て、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。近著に『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館文庫)。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加