Apple Watchはアルミニウムとステンレス、どちらを選ぶべき?

Apple Watchはアルミニウムとステンレス、どちらを選ぶべき?

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2021/05/04

Apple Watch Seriesのアルミニウム製とステンレススチール製は最もよく購入されており、ことあるごとに議論されています。

この2つはどちらも技術的な機能の差はごくわずかですが、価格、耐久性、重量、見た目など、他の特性は大幅に異なります。

アルミニウム製とステンレススチール製のどちらを選ぶべきか悩んでいる人のために、詳しい比較をしてみました。

耐久性と強度

No image

Image: MakeUseOf

アルミニウム製のケースはステンレススチール製と比べると柔らかいのですが、衝撃で粉砕されることはめったにないので、そこまで気にしなくていいでしょう。

小さなひっかき傷や細かい擦り傷がつくことを考慮しても、アルミニウムにもいいところがあります。

アルミニウム製のケースは確かに傷がつきやすいですが、滑らかでマットな仕上げなので、細かい傷は目立ちません。

ステンレススチールはアルミニウムよりもはるかに硬いので、衝撃を受けてもひび割れたり粉砕することはありません。そのため、特にスポーツや他の形態の身体活動中の使用にも耐えられます。

しかし、光沢のある外観に細かい傷がつくと目立ちます。

グラファイトステンレススチールのApple Watchだと傷はあまり目立ちませんが、シルバーカラーだとかなり目立ちます。

指紋が光沢のあるステンレススチールの表面に付着するとさらに目立ちます。この問題は、Apple Watchの多種多様なケースやカバーが市販されているので、適切なものを選べば解決できるはずです。

正しい手入れも必要なので、必ず定期的にApple Watchを掃除しましょう。

汚れが故障の原因に! Apple Watchを水洗いする4ステップ

重量

平均的に、ステンレススチールの密度はアルミニウムの2.5倍あるので、ステンレススチール製ケースの方がアルミニウム製ケースより重くなります。

Apple Watch Series 6でこの2つを比較すると、ステンレススチールのモデルはアルミニウムのモデルより約10g重く、42mmのアルミニウム製のApple Watchの重量は42.4gなのに対してステンレススチール製は52.8gです。

手首に時計の重みを感じたくない人や一般的に手首が小さい人は、アルミニウム製のほうが適しています。アスリートや定期的に運動する人なら、軽量な仕上がりのほうがいいでしょう。

ディスプレイ

No image

Image: MakeUseOf

ステンレススチール製のApple Watchには、サファイアクリスタルのディスプレイがついています。

これは丈夫で固い素材なので、ディスプレイがしっかり保護されて傷がつきにくいのが特徴です。サファイアクリスタルは、ダイヤモンドと同じ硬度の素材でしか傷つきません。

アルミニウム製のApple Watchは、サファイアクリスタルより強度が劣るIon-X強化ガラスを使用しているので、大きな亀裂が入ることがあります。

外見

ステンレススチール製のApple Watchは、アルミニウム製のものと比較すると、より高級感があります。光沢があるキラキラした表面は、美しい仕上がりになっています。

従来の時計マニアや視覚的に満足できるものが欲しい人には、ステンレススチール製のApple Watchがぴったりです。

一方、アルミニウム製のApple Watchは、決して人目を引くわけではありません。

マットな仕上がりを好む人には、アルミニウム製のApple Watchがおすすめです。

ネット接続

No image

Image: MakeUseOf

アルミニウム製のApple Watchの場合、「GPSのみ」か「GPS + Cellular」を選択できますが、ステンレススチール製のApple Watchでは、「GPS + Cellular」しか選択できません。

GPSのみのApple Watchは、Wi-FiかBluetooth経由でiPhoneと接続しているときしか通話やテキストを受信できません。

一方、GPS とCellularを搭載しているApple Watchは、iPhoneの有無にかかわらず通話もテキストの受信も可能です。Series 6では、「GPS + Cellular」を選ぶとApple Musicやポッドキャストをストリーミングできます。

Apple WatchでCellularの特典を利用するには、月額プランの料金を支払う必要があります。

それに加えて、「GPS + Cellular」のオプションを選択すると、たとえCellularを使用しないことにしても、ステンレススチール製のApple Watchの値段は自動的に高くなるでしょう。

アルミニウム製のApple WatchでGPSのみにしておけば、月額プランの料金を支払わなくてすみます。Cellularのオプションが無いせいで、価格もステンレススチール製のモデルに比べて低くなります。

価格の比較

Apple Watchの価格はシリーズによって異なりますが、アルミニウム製とステンレススチール製のApple Watchのモデルを比較すると一般的な傾向が見られます。アルミニウム製の方が、ステンレススチール製よりも比較的安価です。

Apple Watch Series 3の場合、アルミニウム製Apple Watchの最低価格は199ドル(日本では21,780円)です。最も安いステンレススチール製のApple Watchは、認定整備済製品でも469ドルもします。

Series 6の場合、アルミニウム製のApple Watchの最低価格は399ドル(日本では47,080円)、ステンレススチール製の最低価格は699ドル(日本では59,180円)です。

カラー

No image

Image: MakeUseOf

Apple Watchブランドの優れたコレクションに加えて、ケースは一流のカラーオプションから選択できます。

Series 6は、アルミニウム製のApple Watchの方がカラーの選択肢の幅が広く、レッド、ブルー、スペースグレイ、シルバー、ゴールドから選択できますが、ステンレススチール製のApple Watchのカラーはゴールド、シルバー、グラファイトのみとなります。

市販されているモデル

Appleは現在、Apple Watch Series 3、6、およびSEの3つシリーズのみ販売しています。

この3つのコレクションはどれも、アルミニウム製のモデルとステンレススチール製のモデルがあります。ただし、これは各シリーズのApple Watch NikeとApple Watch Hermèsのコレクションには当てはまりません。

Apple Watch Nike Series 6とApple Watch Nike SEはアルミニウム製のモデルのみ販売しており、Apple Watch Hermèsはステンレススチール製のモデルのみ販売しています。

充電パック

No image

Image: MakeUseOf

アルミニウム製Apple Watchの充電パックはプラスチック製で、ステンレススチール製の充電パックより厚みがあります。

ステンレス製のApple Watchの充電パックはステンレス製で、なめらかな仕上がりになっています。

まとめ

どちらを選ぶかを決めるときに考慮すべき要素はたくさんあり、どちらの素材にも、1人1人の個人的な好みに合うところと合わないところがあります。

価格が低く、カラーの選択肢が多く、傷が目立たないマットな仕上げの軽量なApple Watchが欲しいときは、アルミニウム製のモデルが適しています。毎年新しいモデルにアップグレードしたい人にも、経済的に賢明なオプションです。

クラシックなデザインと高耐性の素材で、しっかりした重量を感じさせ、高級感があり光沢のあるApple Watchを多少高くても手に入れたいと思う人には、ステンレススチール製のApple Watchがおすすめです。

No image

最新 Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

56,980円

あわせて読みたい

汚れが故障の原因に! Apple Watchを水洗いする4ステップ

Apple Watchで睡眠の質を高める4つのコツ

Original Article:Apple Watch: Aluminum vs. Stainless Steel Comparedby MakeUseOf

春野ユリ,MakeUseOf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加