J1最強GKは誰だ! ポジション別ベストプレーヤー5選。大分旋風立役者の守護神に韓国の名手たちも【再掲】

J1最強GKは誰だ! ポジション別ベストプレーヤー5選。大分旋風立役者の守護神に韓国の名手たちも【再掲】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/05/23
No image

Fチャン編集部が選定する今季のGKベストプレーヤー5人【写真:Getty Images】

日本代表デビューを果たした若き守護神

2019シーズンのJ1リーグが横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた。最後の最後まで激闘が繰り広げられた今季だが、1年通してハイパフォーマンスを披露した選手は誰なのだろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では、2019シーズンJ1リーグのポジション別ベストプレーヤーを5人紹介。一体どの選手が名を連ねたのか。※2019年12月23日のものを再掲

——————————

大迫敬介(おおさこ・けいすけ/サンフレッチェ広島)
生年月日:1999年7月28日(20歳)
今季リーグ戦成績:29試合出場/24失点

来年開催される東京五輪で活躍が期待される若手GK。思い切りのよい飛び出しを武器に持つ選手であり、セービングやハイボールの処理、足元の技術なども安定している。昨季は公式戦出場がなかった大迫敬介であるが、今季はリーグ戦で29試合に出場。クリーンシート12回は明治安田生命J1リーグ全体で4番目に良い数字となっており、セーブ数も59回を記録している。サンフレッチェ広島の6位に大きく貢献したと言えるだろう。

その活躍が認められ、今年6月に開催されたコパ・アメリカ2019に挑む日本代表メンバーに初招集。グループリーグ初戦のチリ代表戦ではデビューも果たしている。そして先日まで行われていたEAFF E-1サッカー選手権・韓国大会にも日本代表として出場するなど、今年は飛躍の年となった。広島ではもちろんのこと、世代別代表、そしてA代表での今後の更なる活躍に期待したい。

大分を象徴するGK

高木駿(たかぎ・しゅん/大分トリニータ)
生年月日:1989年5月22日(30歳)
今季リーグ戦成績:34試合出場/35失点

今季の明治安田生命J1リーグで旋風を巻き起こしたと言っても過言ではない大分トリニータ。そんな同クラブを最後尾から支え続けたのが、高木駿である。GK含めた11人全員でのビルドアップを特徴とする大分において、ペナルティエリア外でも落ち着いてボールを処理できる足元の安定感を誇る同選手の存在は必要不可欠。高木は片野坂知宏監督の下でリーグ戦全試合に出場し、35失点という成績を収めている。

的確なポジショニングと足元の安定感が光る同選手であるが、もちろんチームのピンチを救うセービング技術も高かった。今季、高木はリーグ戦で119回のセーブを記録。これはセレッソ大阪のGKキム・ジンヒョンに次いでリーグ内2番目に高い数字であった。攻守両面でチームに大きく貢献していたと言えるだろう。先日には大分との契約更新も発表。来季以降も頼もしい存在として、活躍してくれるはずだ。

今季のベストイレブンを受賞

林彰洋(はやし・あきひろ/FC東京)
生年月日:1987年5月7日(32歳)
今季リーグ戦成績:34試合出場/29失点

FC東京在籍3年目を迎えた元日本代表守護神。195cmという恵まれた体格を生かしたハイボールの処理やセービング力は高く、そのあたりはJリーグ屈指のものがある。今季はFC東京加入後最多となるリーグ戦34試合に出場し、29失点という成績を収めた林彰洋。クリーンシート数14回はリーグ2位、セーブ数102回は同6位の成績となっているなど、チームを2位に導いた。

文字通りFC東京の堅守を支えた林は今季、自身初となるJリーグベストイレブンを受賞。その活躍が大きく認められた。現在32歳とベテランの域に達してきた林であるが、まだまだ躍動することが求められるだろう。来季は今年果たせなかった悲願のリーグ制覇を目指すFC東京。林のパフォーマンスも、目標達成に向け重要なものとなりそうだ。

J1初参戦ながら優勝に貢献

パク・イルギュ(韓国/横浜F・マリノス)
生年月日:1989年12月22日(29歳)
今季リーグ戦成績:25試合出場/24失点

今季開幕前にFC琉球から加入した韓国人GK。開幕当初は飯倉大樹(現ヴィッセル神戸)を前になかなか出場機会を掴めずにいた同選手であったが、第5節のサガン鳥栖戦で先発に抜擢されると、以降は正守護神として指揮官の信頼をガッチリ掴み取った。最終的にはリーグ戦25試合に出場し、24失点の成績を収めたパク・イルギュ。見事、チームの2004年以来となるリーグ優勝に貢献した。

攻撃的なサッカーを目指す横浜F・マリノスでは、GKに求められる要素は多い。決定的なセービング等はもちろんのこと、DF陣の背後のスペースを消す果敢な飛び出しや足元の安定感が、このチームのGKには必要であった。しかし、パク・イルギュはそうした点も申し分なかったと言えるだろう。今季は自身にとって初のJ1挑戦となったが、その1年目は上々の出来であった。

リーグ最少失点に貢献

キム・ジンヒョン(韓国代表/セレッソ大阪)
生年月日:1987年7月6日(32歳)
今季リーグ戦成績:34試合出場/25失点

今季でセレッソ大阪在籍11年目を迎えた不動の守護神。韓国代表としても活躍する同選手は今季、リーグ戦で全試合を出場を果たしており、チームの堅守を最後尾から支えた。優れた反射神経から繰り出されるセービングの安定感は抜群で、今季も幾度となくシュートをストップ。C大阪の上位進出には欠かせぬ存在であったことは間違いない。

昨季に引き続きJ1リーグで全試合出場を果たしたキム・ジンヒョンは今季、102回のセービング、15回のクリーンシートを記録。後者は、J1リーグ全体でトップの成績となっているなど、その活躍は申し分なかった。ペナルティエリア内でのシュートブロック数も62回と好成績を収めており、チームの最小失点に大きく貢献していた。2019シーズンは改めてその力を世に証明する結果になった。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨年は5人がJへ。びわこ成蹊スポーツ大が高校3年生へ向けてオンラインでの学校説明会実施
横浜復帰の天野純「優勝の味知らない」連覇へ意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加