コロナ禍の最中に起きた悲劇...海外組DF松本が失明の危機「再びクラブW杯の舞台に立ちたい」

コロナ禍の最中に起きた悲劇...海外組DF松本が失明の危機「再びクラブW杯の舞台に立ちたい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/06/06

オセアニアのクラブを中心にプレーするDF松本光平が失明の危機を乗り越えて競技復帰を果たすため、所属事務所『11aside(イレブンアサイド)』などの協力の下、クラウドファンディングで支援を募っている。

 松本は1989年5月3日生まれの31歳。中学時代はC大阪U-15でMF山口蛍やFW柿谷曜一朗、高校時代はG大阪ユースでFW宇佐美貴やMF倉田秋らとプレーした。高校卒業後に単身で海外に渡り、201

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加