町田のFW晴山岬がコロナ陽性でクラブ代表が緊急会見。予防策は徹底するも「難しさを感じた」

町田のFW晴山岬がコロナ陽性でクラブ代表が緊急会見。予防策は徹底するも「難しさを感じた」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/08/02
No image

会見に臨む大友健寿代表。※写真は会見中のスクリーンショット

J2の町田ゼルビアは8月2日、緊急会見を開き、所属するFW晴山岬が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを報告した。

晴山は、千葉県内で行なわれる予定だったU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流した8月1日に、参加者全員を対象に行なわれたSmartAmp 法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められた。なお現在は、37.2度の発熱があり、病院で療養しているという。

会見に出席したクラブの大友健寿代表取締役社長は、以下のように現状を報告した。

「この度は当クラブ所属の晴山岬選手感染に関しまして、京都サンガF.C.様をはじめ、関係各所の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

所管の保健所に判断を仰いだ結果、遠征メンバーに濃厚接触者はおりませんでしたので、試合の方は開催できることになりました。今後も関係各所と連絡を取り合い、また、保健所・専門家の指示を仰ぎながら最善の対応ができるように努めてまいります。

クラブとしましては、これまでも感染予防対策は行っておりましたが、あらためて感染リスクはどこにでも潜んでいると強く実感しています。引き続き新型コロナウイルス感染症対策を実施し、選手・スタッフ、関係者全員に予防策の徹底をはかってまいります」
保健所も確認し、すでに京都で前泊していた選手たちは濃厚接触者とは認められず、また、7月31日に行なわれたJリーグの公式PCR検査では、晴山以外の陰性が確認されていたことから、本日2日に開催予定のJ2第9節、敵地での京都戦は、Jリーグや専門家を交えた協議の末、予定通り行なうことも併せて報告された。

「代表合宿があって当日検査ができたところで、本日の試合にメンバー入りしていたらと想像すると怖いなと。検査のあり方としてはJリーグとも話してきたが土日を挟むと保健所との連携ができるのか、難しさを感じた。感染経路は現在調査中。練習方法は関係各所と連携をとって変更する必要があるのか検討していきたい」(大友社長)

さらに感染者数が増えている東京都のチームということもあり、「今後必要になれば、東京ヴェルディさん、FC東京さんなどと地域のチームとして連係も図っていきたい」と語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加