〈新型コロナ〉感染者減少の新潟市 中原市長「経済活動を支援」 ワクチン当日予約も開始へ

〈新型コロナ〉感染者減少の新潟市 中原市長「経済活動を支援」 ワクチン当日予約も開始へ

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2021/10/14
No image

NST新潟総合テレビ

新型コロナウイルスの新規感染者の数が減少していることを受け、新潟市の中原市長は年末年始に向けて経済活動を支援していく考えを示しました。

11日、新潟市では新型コロナウイルスの新規感染者の数が0人になるなど、減少傾向が続いています。

新潟市の中原市長は14日の会見で「感染は減少傾向にある」と現在の状況を分析。

その一方で、厳しい経営状況が続く飲食業界を支援しようと、今年3月~5月に行った弁当代を補助する事業を数の制限などを緩和して、18日から再び実施することを発表しました。

新潟市は年末年始に向けて経済対策を強化したい考えです。

【新潟市 中原八一 市長】

「停滞していた社会経済活動の再開に向けて、これから様々な方策について検討していくべき時期であると考えている」

また、11月中に希望する人への接種の完了を見込んでいるワクチンについて、新潟市は集団接種会場の当日予約を開始すると発表。

予約は16日から専用のコールセンターで受け付けます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加