【フィギュア】住吉りをん首位発進、吉田陽菜2位 江川マリア3位 木下トロフィー争奪大会

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06

<木下トロフィー争奪大会>◇6日◇木下アカデミー京都アイスアリーナ◇女子ショートプログラム(SP)

昨年度の高校2冠女王、今春から大学生の住吉りをん(18=オリエンタルバイオ/明大)が65・32点で首位発進した。

最終滑走でダブルアクセル(2回転半ジャンプ)から入ると、3回転フリップ-2回転トーループ、3回転ルッツと全て決めた。キャシー・リードさん振り付けの新SP「White Flowers Take Their Bath」を、アイスショー「ドリーム・オン・アイス」に続いて試合では初披露した。

2位は吉田陽菜(16=木下アカデミー)で62・33点をマークした。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)は「降りられたと思った」と好感触だったが、踏み切りのタイミングが少し合わず転倒。その後はルッツ-トーループの2連続3回転などで盛り返した。

3位は、同じく今春から大学に進学した江川マリア(18=明大)で60・17点。高校の最後に習得した3回転ルッツ-3回転トーループを冒頭、美しく決めて成長を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加