【最新ハワイ】現地ライターがお届け 大改装後のハレクラニ詳細レポート

【最新ハワイ】現地ライターがお届け 大改装後のハレクラニ詳細レポート

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/11/25

ついに名門ホテル「ハレクラニ」が再オープン!

No image

ダイヤモンドヘッド全景が望めるダイヤモンドヘッドスイートのリビングルーム。

2021年10月1日、待ちに待ったハレクラニが再オープンしました!

現在発売中の「CREA Traveller 2021年秋号」では客室の様子を詳しくご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。再オープンから1カ月が経ち、現在の状況を見せてもらいに再訪。ああ楽しみ!

1984年の開業以来はじめてという全館営業休止を伴う大改装は、ハワイのリーディングホテルの歴史を後世へ繋ぐべく行われました。

サステイナブルな配慮をふまえながら、古き良きものは今の時代にあわせて改良し、残していく。

No image

ロビー中央には樹齢130年で一度倒れた有名なキアヴェツリーを再利用したフラワーベースがあります。John Kogaさんの作品。

そう、だからエントランスを入ってすぐに、ここはどこ? とはなりません。

受付のカウンターは大層立派なコア(ハワイに生育する樹木)で作られたもので、すべてを取り外して専門の職人さんがリストア。汚れを取り除いて磨いてぴっかぴか!

No image

木目が素晴らしいコアウッドカウンターの上にはシールドを設置。

今までは単にウッドカウンターね、と認識していた人も、コアの美しさを再発見し見惚れてしまうはず。

No image

中庭を取り囲む植え込みの花も植え替えたり、造園もアップグレードしています。

プールは変色した部分のタイルをすべて取り替えて、ブルーの濃淡を纏った美しきオーキッドがきらきらと水面に浮かんで見えます。

No image

ハレクラニの象徴、大輪のカトレア。夜はライトアップされてさらにロマンチックに。

125万枚というとんでもない数のガラスタイルを敷き詰めたそうで、その張り替え作業は気が遠くなるほど。

タイルの裏には色を示すナンバリングがあって、それを一枚ずつ差し替える作業は、人の手に支えられたものだったのだと、今回はじめて知り感動。

No image

こんなに贅沢にハレクラニのプールを利用できるのうらやましいー!

デッキチェアはソーシャルディスタンスにのっとって間隔をとり、ゆったりと配置。

リフレッシュメントのアイスキャンデーサービスはお休み中ですが、ボトルウォーターを無料で配ったり、フードやドリンクオーダーは限定メニューにて提供しています。

レストランも続々と営業再開!

現在営業を再開しているレストランは「オーキッズ」。メインフロアの張り替えを行い、絵画などが新しく展示されています。

No image

オープンテラスは健在、気持ちのいい風にあたって何時間でもいたい。

朝、昼、晩と営業し、サンデーブランチもスタート! これには地元の人たちも大喜びで予約殺到中。「ラ メール」は金曜と土曜のみ営業再開、レイアウトががらりと変わる「ハウス ウィズアウト ア キー」は11月下旬以降にオープン予定です。

No image

ランチは宿泊客に混じって地元客の姿も多くみかけます。

No image

1年半年ぶりに飲めて感無量!Le Mint $8, Halekulani Sunset 16ドル。

No image

こっちも再会に涙。Halekulani Signature Coconut Cake 12ドル。

改装後初めてお目見えしたのが「ハレクラニ ファインアートコレクション」。Tadashi SatoやJohn Tanji Kogaらの作品を館内に11点展示。作品紹介のプレートにはQRコードが設けられ、携帯をかざすだけで詳細を読むことができ、セルフツアーとしても楽しめます。

No image

オーキッズのエントランスに展示されているJohn Kogaさんの作品「Land Sky Ocean」。

No image

コンシェルジュデスクの後ろにはTadashi Satoさんの作品「Sea Anemone」。

優雅な時間が流れるダイヤモンドヘッドスイート

CREA Travellerの取材時にはまだできていなかったダイヤモンドヘッドスイートも拝見。やっぱりいいですよ、素晴らしい~。

No image

室内の家具はすべて新しくなっています。キングベッドのベッドルーム。

No image

ダイヤモンドヘッドスイートの料金は1泊2545ドル〜。

客室のインテリアをスリムなスタイルのものに替えてすっきりし、以前よりさらにレジデンシャルな空間となっています。

No image

洗練と居心地の良さを感じるリビング、ダイニングエリア。曲線ソファーはベッドとしても使用できます。

ハレクラニ伝統の「7色の白」を基調に「BAMO」社の女性デザイナーが作り上げた雰囲気は、包み込まれるあたたかさ、優しさも演出しています。

No image

空調や温水システムがアップグレードされたバスルーム。

No image

新しいアメニティーとして置かれている「Halekulani Health」。Guest Wellness Kitにはマスク、手袋、ウエットティッシュが入っています。

ハレクラニらしい優雅な時間は、閉館中も時を刻んで残ったままに、再オープンへと繋げてくれた。おかえりなさい、そんな気持ちで見せてもらいました。ホテルは生きている、とも改めて感じました。

戻ってくるゲストを迎え、もてなすハレクラニらしいホスピタリティーの、さらなる1世紀の幕開けです。

Halekulani
(ハレクラニ)

所在地 2199 Kalia Rd. Honolulu, HI 96815
電話番号 808-923-2311

工藤まや(くどう まや)

大分県出身。雑誌、TV、CMなどのメディアコーディネーター。ハワイ在住は約20年、アメリカ人の夫と愛犬2匹と虹の町マノアに暮らす。最新著書『ハワイ暮らしのお気に入り』(誠文堂新光社)発売中!
☆ハワイの空気がいっぱいのインスタグラムが人気。
工藤まやインスタ@mayahawaii325

文・撮影=工藤まや

工藤 まや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加