円は非常に不安定、状況を注視=IMF対日審査団長

円は非常に不安定、状況を注視=IMF対日審査団長

  • ロイター
  • 更新日:2022/09/23

[ワシントン 23日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の対日審査団長を務めるラニル・サルガド氏は、IMFは円相場の最近の不安定な動きに留意し状況を注意深く監視していると述べた。日本政府と日銀が22日に急速な円安を抑止するため為替介入を実施したことに関する質問に対する見解。

No image

国際通貨基金(IMF)の対日審査団長を務めるラニル・サルガド氏は、IMFは円相場の最近の不安定な動きに留意し状況を注意深く監視していると述べた。日本政府と日銀が22日に急速な円安を抑止するため為替介入を実施したことに関する質問に対する見解。(2022年 ロイター/Yuri Gripas)

サルガド氏は文書で「米国、その他の国での金融政策引き締めを背景に円はこの数週間、非常に不安定な動きをしている。われわれは状況を注意深く監視している」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加