軽井沢バス事故から6年「無念思う...」尾木ママ献花

軽井沢バス事故から6年「無念思う...」尾木ママ献花

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で6年です。

2016年1月15日、軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落し、大学生ら15人が死亡しました。

当時、4人の教え子を事故で亡くした法政大学名誉教授の尾木直樹さん(75)が現場を訪れ、手を合わせました。

教え子を亡くした尾木直樹さん:「それぞれ皆、優れていた。その子たちの無念を思うとたまらない」

今年は事故後、初めて遺族やバス、旅行業界などの関係者が集まり、慰霊碑に花を手向けました。

この事故を巡っては、バスを運行していた会社の社長と元社員が業務上過失致死傷の罪で起訴され、公判中です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加