「5アンダー出てもおかしくなかった」 畑岡奈紗はショット復調もパットかみ合わず

「5アンダー出てもおかしくなかった」 畑岡奈紗はショット復調もパットかみ合わず

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/05/02
No image

復調傾向にある畑岡奈紗 あとはパットが改善されるか|撮影:GettyImages

<HSBC女子世界選手権 3日目◇1日◇セントーサGCタンジョンC(シンガポール)◇6718ヤード・パー72>

畑岡奈紗の苦しいラウンドが続いている。初日から「74」、「72」とスコアを伸ばせずにいたが、第3ラウンドも2バーディ・2ボギーの「72」と停滞した。

仲良しコンビ シブコと奈紗がポージング【写真】

「きょうは3日間のうちでショットの感覚が一番良かった。パッティングが決められれば、5アンダーくらい出てもおかしくなかった」

その言葉通り、パーオン率は77.7%と今大会で最も良かったが、一方でパット数が32回とこちらは3日間で最低の数字。プレーがかみ合わず、トータル2オーバー・50位タイと下位からの浮上はならなかった。

「(今大会では)アンダーパーが出ていないので、最低でも3アンダーで回れるように頑張りたいです」。今季の最高位は52位タイと不振に陥っている畑岡だが、ショットには一定の手ごたえを得ている。これを復調のきっかけとして、最終日の大爆発につなげたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加