京都ヴィーガンカフェシリーズ・VEGANS KYOTOさん@祇園

京都ヴィーガンカフェシリーズ・VEGANS KYOTOさん@祇園

  • LEE web
  • 更新日:2021/11/25
No image

こんにちは!今日も食欲全開・エミッコです。

大食い&早食いとしてかなりの評価を得ている私ですが、実はこの1年で食生活が大きく変化しました。

今日はそんな話をしながら、祇園に最近移転オープンされたゲキウマなヴィーガンカフェをご紹介させてくださいまし~。

地球環境に良いものは、健康にも良い。

そもそも食生活を変えたのは、気候危機のことを知ったからでした。

お肉や乳製品を食べることと気候危機に大きな関係があること、

気候危機についての認識が進んでいる欧米では「ミートフリー・マンデー=週に1度、月曜はお肉を食べない日を作ろう!」というアクションが常識となってきていること(小泉前環境大臣もご自宅でミートフリー・マンデーを実践されている、と国会内でおっしゃっていました。さすが!)、

カナダ政府が発表している食品ガイドにもはや「動物性食品」はほとんどなく、私たちが子供の頃「飲まなきゃ大きくなれないよ!」と言われてきた牛乳さえもガイドに存在しないこと、

───などなど、全く知らなかった事実を知って衝撃を受け、「ひぇ~~~!私ってば遅れてる?!ちょ、出来る範囲で少し改善しよう・・・!」と思ったのでした。

(そうそう!LEEのサステナ特集に登場されていた、モデル/環境アクティビストの小野リリアンさんも勿論ヴィーガン。誌面で豆乳マヨネーズを手作りされている話を拝見して、私も早速トライしました♡)

そうして食生活を少しずつ変えていくと、意外にも体調が変化。

体調を整えようという意識は全くなかった(それはそれでどうなのか。)んですが、便秘や眠りの質、ニキビなどなど「もはや体質だし仕方ない」と思っていた慢性的な不調がいつの間にか改善されていて。

───そして実感しました。

自分=人間も地球環境の一部なのだから、環境に優しい選択をすれば、それは自分の体にも優しい選択なのだということを。

外食でも体が喜ぶ選択すべく、京都市内を開拓中。

ほんで。

そうなってくると今度は、外食の際も極力、お肉や乳製品を摂らないで済む方がありがたい───と体が求めるようになってくるわけで。

(2年前「好きな食べ物は豚の脂身です」というブログを書いていた人がこの変わりよう!笑)

で!

前置きに1,000文字費やしましたが、そんなわけでのヴィーガンカフェですよ。

今まで豚の脂身派といて生きていたので、京都にどんなヴィーガンカフェがあるかとか全く知らず・・・ただいま、ちまちまと開拓中なのです。

─────────長ぁっ(倒

京都のヴィーガンカフェの先駆者、VEGANS KYOTOさん。

京都でヴィーガンカフェといえばココ!と言われていた伏見のお店が、祇園に移転オープンされる!───という情報をキャッチ。オープン当日にお邪魔してきました。

No image

知恩院さんの近く、京都ZIZIホテルの1階。京都らしい場所ですが観光客でごった返してはいない、そんな穴場にあります。

No image

可愛いカウンター席と、その奥に小上がりの畳席。ほっこりくつろげる、優しい空気の流れる店内。

No image

ご飯もののメニューは5種、ドライカレー・炭火焼きベジカルビ丼・野菜たっぷり納豆丼・おにぎりセット・味噌ラーメン。当たり前ながら全て植物性の食品のみで出来ているからスゴい。

No image

甘いのもちゃんとあります。自然栽培の白米麹を使った甘酒ドリンクに、豆乳アイスクリーム・パフェも!甘いもの中毒者としては全制覇したい。

いざ、実食!ひとつひとつの食材が美味しくて美味しくて~

No image

コチラ、私の炭火焼きベジカルビ丼セット。

左側には炭火焼きのお野菜、右側はまるで焼き肉のような味付けの炭火焼きお揚げ&厚揚げ。

ファッションバカの私にとって食レポは相当ハードル高いので、全然うまく表現出来ませんが・・・とりあえず、第一印象

「野菜とお米、めっちゃうまい。」

です。

どうしても、動物性食品メインのメニューだと野菜・お米=脇役・引き立て役と化しやすいと思うのですが、全てが植物性のヴィーガンメニューにおいては、彼らは当然、全員主役。なので(栽培方法なども含めて)主役としてふさわしい物を厳選して使われ、それを活かす調理をされるわけで───

そら、美味しいわ。

野菜やお米の味の奥深さを感じながら食べる幸せを、素で感じました。もう私、豚の脂身なくても生きて行ける。

お揚げ&厚揚げもめちゃくちゃ良い味付けで、「焼き肉のような」と言っても無理矢理焼き肉に寄せてるわけじゃなくって、お揚げとしての美味しさをしっかり味わえる味。(←ああもうほら食レポに向いてなさ過ぎる人の駄文感。味わえる味てなんやねん。)

とにかくね、もう、美味しいの。だめだ、食レポは無理だ。でも本当、栽培から調理まで、関わる人全てが愛情を持っているんだろうな。て思う、そんな優しい美味しさでした。

No image

お父さんが頼んだ、VEGANS 濃厚味噌ラーメン。

農薬や化学肥料を使用していないお味噌を使っていらっしゃるそう。体にも地球にも舌にも良いことしかないやつ。

お味噌はもちろんのことお出汁もとても美味しかったようで「ヴィーガンのお出汁って・・・・これ何の出汁の味やろう・・・・・」と真顔で考えながら啜るお父さんでありました。

No image

おにぎり大好きな小さき人は、おにぎりセット。

この梅干しが相当美味しかったらしく、黙々と必死に味わっていらっしゃいました。

ベジカルビ丼と同じ厚揚げ&お揚げもついててラッキー♡

No image

そして〆はもちろん、パフェ~♡

牛乳も卵もお砂糖も使われていない豆乳アイスクリームは、麹で作られた甘酒を甘味として使用されているそう。甘酒好きの私にはほぼ天国。しかもね、食感がね、めっちゃ好き!「アイスクリン」あるじゃないですか、あれに近いような少しサリサリした舌触り。サリサリサクサク食べ進めていたら、秒で完食してしまった。(お父さん多分5口ぐらいしか食べてない、ごめん。)

ふう。お腹いっぱいで気付けば2,500字超。(そもそも前置きが長過ぎ。)

快く写真&ブログ掲載許可をくださったVEGANS KYOTOさん、そしてこのお店に出会わせてくださったVEGAM FARM KYOTOさん(いつも豆乳バターや大豆ミートなどなどを購入しているヴィーガン八百屋さん。こちらのお弁当もまたゲキウマなので、今度紹介させてください♡)、本当にありがとうございました!

LEE100人隊 エミッコ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加