第2回MARCH対抗戦は28分台13人の青学大が連覇! 近藤幸太郎が28分18秒24で2年連続個人トップ

第2回MARCH対抗戦は28分台13人の青学大が連覇! 近藤幸太郎が28分18秒24で2年連続個人トップ

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/11/26
No image

25日、東京都町田市の町田GIONスタジアムにてMARCH対抗戦2022が開催され、明大、青学大、立教大、中大、法大の五大学が10000mレースで火花を散らした。

全体トップだったのは最終組で1着を占めた青学大の近藤幸太郎(4年)。残り600mで圧巻のロングスパートを放ち、28分18秒24で昨年に続く連覇を達成した。このほか目片将大、岸本大紀、横田俊吾(以上4年)が4位までを占め、5位の関口絢太(3年)は28分29秒24で立教大学記録を約3秒更新した。

個人トップの近藤は「全日本大学駅伝の疲労が取れなくて不安な面もあったのですが、2連覇できてホッとしています」とコメント。

総合成績では13人が28分台で走破した青学大が2連覇。最後の箱根駅伝に向けて、近藤は「今日はチームのみんながいい成績を残してくれたので、自信をもってあと1ヶ月過ごしていきたいと思います」と意気込みを口にした。

総合2位以下は立大、中大、法大、明大の順となった。

総合成績(上位10人の10000m平均)
1位 青学大 28.35.18
2位 立大  29.10.05
3位 中大  29.16.08
4位 法大  29.27.46
5位 明大  29.59.57

個人成績上位8人
1) 近藤幸太郎(青学大4)28.18.28
2) 目片将大(青学大4)28.19.53
3) 岸本大紀(青学大4)28.20.29
4) 横田俊吾(青学大4)28.24.78
5) 関口絢太(立大3)28.29.24
6) 阿部陽樹(中大2)28.30.18
7) 中園慎太朗(法大4)28.32.89
8) 黒田朝日(青学大1)28.33.62

※大会主催者より総合成績の訂正があったため修正しました

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加