星野源、なかやまきんに君考案のゲームに挑戦!

星野源、なかやまきんに君考案のゲームに挑戦!

  • インターネットTVガイド
  • 更新日:2020/07/02
No image

バナナマンとサンドウィッチマンがMCを務めるTBS系の「バナナサンド」(水曜午後11:56)が、7月1日にいよいよスタート。同番組は、MCのバナナマン(設楽統、日村勇紀)とサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)が、旬なゲストをとことん楽しませ、テンション爆上がりでおくるトークバラエティーだ。

その初回ゲストには、俳優、ミュージシャンなど多方面で活躍する星野源が登場。ゲストの素顔を知るために、ゲストが今テンションが爆上がりする写真を紹介する「ゲストの爆上がりショット!」では、星野は自身の若かりし頃の秘蔵写真を公開。すると、その写真には同じく若かりし頃のバナナマンの2人も写っていた。星野がその写真で“爆上がり”する理由とは何なのか?

また、フレンチトーストが大好きだが、大人になってから“これぞ!”というものに出合ってていないという星野のために、番組が絶品フレンチトーストを探し出しスタジオに用意。さらに、星野は子どもの頃に影響を受けたというお笑いコント師のDVDを紹介し、彼らの魅力を熱く語ると、そこからバナナマンとサンドウィッチマンの「お笑い論」に発展する。

そして、現在出演中の連続ドラマ「MIU404」(同系)での役作りで体を作っているという星野のために、「マッスル選手権」も開催。筋肉自慢の芸人たちが己の筋肉を最も魅力的に見せられる芸を披露する企画だが、今回は「マッスルタイミング選手権」と題して、品川庄司・庄司智春、なかやまきんに君、東京ホテイソン(たける、ショーゴ)ら筋肉芸人が登場。それぞれが「筋肉を見せる最高のタイミング」を披露すると、テンションが爆上がりし大爆笑する星野だが、突如、なかやまきんに君が考えたオリジナルゲームに挑戦することになる。

初回放送を前に、設楽は「レギュラー化の話を聞いた時は、うれしくて泣きました(笑)。ちょっとうそつきましたけど、とても楽しい予感がしているので、フットワークよくいきたいと思います。この2組の空気感を、テレビでご覧の皆さまに楽しんでいただければうれしいです! 絶対に面白いから、ぜひ見てください!」と力を込めてアピール。

日村も「何でもありの番組なので、サンドウィッチマンと楽しんで番組を作っていきたいと思います。今後、俳優さんでも、お笑いの方でも、どうなっていくのか分からないですが、それが何か面白くもあり、ワクワクしています! 話題の番組になるように頑張ります!!」と気合十分。

伊達は「何年もバナナマンさんと番組をやりたいと言い続けて、やっと実現してもらえました。とはいえ、昔からやっているような感覚で収録しました。今後、40年間は続けていきたいです(笑)」と大好きなバナナマンとの共演を楽しんだ様子で、「男臭さを感じるところもある番組ですが、ネタやライブ、ロケもありなので可能性を感じる番組です。ぜひリアルタイムで見ていただき、水曜の夜といえば『バナナサンド』と言ってもらえるように頑張ります!」と意気込みを語る。

そして「よくバナナマンと間違えられるので、これで区別がつくかと思います」と笑う富澤は、「いい意味で気を使わないで頑張っていきたいです。この番組からスターも誕生するかもしれない(笑)。そんな、どうなるか分からない部分を楽しんでください! とにかく、ぜひ試しに見てください!!」と視聴を全力で薦めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加