最下位オリに負け越し決定、自力CS消滅...窮地の西武、反撃はあるのか

最下位オリに負け越し決定、自力CS消滅...窮地の西武、反撃はあるのか

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆西武1-4オリックス(17日、メットライフドーム)

秋の深まりを感じさせる冷たい風が身に染みた。今季初めて1万人を超えた本拠地で敗戦。自力Vに続き、100試合目で自力でのCS進出の可能性が消え、昨季は9個の貯金を稼いだ最下位のオリックスに負け越しが決まった。辻監督は「気分として負け越すのは嫌なもの」と唇をかんだ。

今季初先発の十亀が2発に沈んだ。5回、先頭大下に先制のソロ被弾。6回にはモヤに特大の2ランを浴びた。ベテラン右腕は「立ち上がりは走者を出しながらもいい感じで投げることができた。2本のホームランが余計だった」と反省した。

この3点に打線も反発力を欠いた。7回に2番手の漆原から1点を返し、なおも2死一、二塁と攻め立てたが、代走熊代が捕手からのけん制死。流れは途切れた。

日本ハムに続き、オリックスにも負け越し。下位チームに負ければ、当然上位は狙えない。辻監督は「打たれている打者にずっと打たれている気がする。反省して対策を練っていかないと」と前を向いた。残り20試合。パ2連覇の王者が窮地に立たされた。 (小畑大悟)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加