小芝風花&赤楚衛二「彼女はキレイだった」第3話直前インスタライブ決定 撮影秘話&見どころ語る

小芝風花&赤楚衛二「彼女はキレイだった」第3話直前インスタライブ決定 撮影秘話&見どころ語る

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/07/20

【モデルプレス=2021/07/20】Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演を務める20日放送のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜よる9時~)の第3話の放送直前インスタライブが20日よる7時から行われることが決定。小芝と赤楚衛二が出演し、生配信で撮影秘話や第3話の見どころを語る。

No image

(写真 : 小芝風花、赤楚衛二(C)カンテレ・フジテレビ)

【写真】赤楚衛二、町田啓太は「毎日素敵な方だと感じる」

◆中島健人&小芝風花W主演ドラマ「彼女はキレイだった」

本作は、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。

◆小芝風花&赤楚衛二、胸キュンシーンがSNSで話題

先週放送された第2話では愛と樋口が居酒屋で飲むシーンが印象的だった。中でも、店員が運んできたグラスの水がかかりそうになった愛をかばい、抱きしめるような格好になった“サプライズ胸キュン”シーンでは“私も抱きしめられたい”、“思わず見入ってしまった”など、SNSで多くの投稿があった。そんな愛を抱きしめる樋口を演じる赤楚の名前が“#赤楚くん”というハッシュタグでトレンド入りした。ファッション誌「ザ・モスト」の同僚から、宗介・梨沙(佐久間由衣)の2人も巻き込んだ恋の四角関係の始まりを感じさせるシーンだった。

印象的なシーンは、今夜放送の第3話でも登場する。これまで、愛の相談に乗っていた樋口が突然ひざまずき、まさかの行動に…。新たな胸キュンシーンの予感。果たして、なにが起こるのか?

◆小芝風花&赤楚衛二、コラボインスタライブが実現

そんな印象的なシーンが増えてきた愛と樋口の2人が出演するコラボインスタライブが実現。第3話放送直前の20日よる7時から、小芝のアカウント(@fuka_koshiba_official)とドラマ公式アカウント(@kanokire.tue21)で配信される。ドラマ撮影の裏側や撮影秘話や20日放送の第3話の見どころなど生配信ならではのトークを展開する。(modelpress編集部)

◆中島健人&小芝風花W主演ドラマ「彼女はキレイだった」第3話あらすじ

宗介(中島健人)が一流デザイナーとのコラボ企画を成立させ、編集部のメンバーはお祝いを兼ねて食事へ行くことに。しかしその晩、残業していた愛(小芝風花)は偶然、宗介が「モストジャパンを廃刊になどさせません」と話しているのを聞いてしまう。

食事会では、アルコールが苦手な宗介がうっかり酒を口にしてしまい、愛が倒れた宗介を送っていくことに。すると、部屋には2人の思い出のパズルが飾ってあり、それを見た愛は…。

宗介は、連日残業しながら、人に押しつけられた仕事も懸命にこなす愛のことが気になっていた。「自分は脇役だから、サポート役が性に合っている」と明るく笑う愛に、宗介は子供の頃、自分がある人に勇気づけられたエピソードを話して聞かせる。

一方、梨沙(佐久間由衣)は、宗介の存在が日に日に自分の中で大きくなっていることに戸惑いを覚えていた。相手は親友の初恋の人で、自分はあくまで身代わり。このまま愛に内緒で宗介と会っていいのか悩んでいた矢先、梨沙は、ひょんなことから樋口(赤楚衛二)と知り合いになる。まさか愛と宗介の同僚だとは知るよしもない梨沙は、思い切って、樋口にあることを頼んで…。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加