前田、区間賞照準「調子は上向き」 一山、初のエース区間「最初からガンガン走りたい」

前田、区間賞照準「調子は上向き」 一山、初のエース区間「最初からガンガン走りたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇全日本実業団対抗女子駅伝(2020年11月22日 宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台の6区間、42・195キロ)

No image

レース前日の記者会見で記念撮影に臨む(前列左から)天満屋の前田穂南、日本郵政グループの鈴木亜由子、ワコールの一山麻緒、(後列左から)積水化学の新谷仁美、ダイハツの松田瑞生(代表撮影)

3区で新谷の挑戦を受けて立つ格好となった五輪代表2選手も対抗意識を燃やした。

昨年3区で区間3位だった前田は「駅伝に向けて調子は上向き。去年よりも速いタイムで走りたい」と区間賞に照準を定めた。初めてエース区間を任されることになった一山は「ドキドキワクワクしている。チーム目標に向けて前だけ見て、最初からガンガン走りたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加