【野球殿堂】競技者表彰プレーヤー部門は票が割れ選出者なし 高津臣吾氏が10票及ばず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表した。競技者表彰はプレーヤー部門、エキスパート部門ともに選出者はいなかった。競技者表彰が両部門別に分かれた08年以降、どちらも選出者が出ないことは初めて。競技者表彰で一人も殿堂入りしないのは、98年以来23年ぶりとなった。

プレーヤー部門で選出者が出なかったのは2年連続2度目。引退から5年経過し、かつ21年未満の有資格者の中から幹事会が30人の候補を選考。野球報道15年以上の経験を持つ368人の委員のうち、358人から投票があった。投票は候補者から最大7人の選出者を記名する形。その最大7人を連記した委員が過去最多199人に上り、委員1人平均5・7人の投票は前回5・4人を上回った。だが、有効投票数の75%にあたる当選必要数269票には、トップの高津臣吾氏が10票及ばず。今回は完全に票が割れた形となった。今年加わった11人の新候補者に票が流れ、その中の最多得票は全体2位の244票だった山本昌氏だった。

○開票結果

◆プレーヤー部門

高津 臣吾 259

山本昌   244

ラミレス  233

川相 昌弘 208

宮本 慎也 180

谷繁 元信 138

桑田 真澄 91

野村謙二郎 88

小久保裕紀 65

松中 信彦 61

ローズ   61

前田 智徳 57

小笠原道大 56

石井 琢朗 46

城島 健司 44

稲葉 篤紀 28

山崎 武司 25

高橋 由伸 23

赤星 憲広 22

佐々岡真司 20

田口  壮 20

和田 一浩 16

谷  佳知 11

井端 弘和 10

西口 文也 8

斎藤  隆 7

桧山進次郎 6

石井 一久 5

川上 憲伸 5

中村 紀洋 4

◆プレーヤー表彰 現役引退後5年以上経過した人で候補入りしてから15年間が選考対象。有効投票のうち、75%以上の得票を集めた人が殿堂入りする。今年の有効投票数は358で、開票の結果、75%以上の得票を集めた人がおらず、昨年に続きプレーヤー表彰の殿堂入りは選出されなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加