フランクフルトサポーターの行為が裏目に...煙幕が自軍GKのブラインドとなり失点直結

フランクフルトサポーターの行為が裏目に...煙幕が自軍GKのブラインドとなり失点直結

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

アウェイチームへの圧力となるはずのホームサポーターの熱量が裏目に出てしまったようだ。

【動画】煙の中から突然飛んでくるキミッヒのFK

5日に行われたブンデスリーガ開幕戦、昨季ヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは、リーグ11連覇を目指す王者バイエルンをホームに迎えた。

今シーズンの開幕戦、さらにはタイトルホルダー同士の一戦ということもあってか、サポーターは高揚。フランクフルトのゴール裏ではスモークがたかれた。だが、結果的にこれが相手チームへ恩恵を与えてしまった。

開始早々の5分、バイエルンはボックス手前右で得た約30mの位置でFKを得る。ピッチ内の一部にも充満した煙はフランクフルトのゴール周辺を多い、これに乗じたMFヨシュア・キミッヒが意表を突いて直接狙うと、シュートは右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。

『ESPN』によって「キミッヒが霧の中から決めた開幕ゴール」と紹介された一撃には、「キーパーは何も見えなかっただろうね」、「ファン自身のせい」、「トラップだった」のような、GKケビン・トラップへの同情やファンへの呆れ声などが届いている。

出はなをくじかれたフランクフルトは前半だけで5失点。試合も1-6で敗れる険しいスタートとなった。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加