スタールビー賞は郡司本命 全日本選抜 【川崎】

スタールビー賞は郡司本命 全日本選抜 【川崎】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

川崎競輪(神奈川県川崎市)のG1「第36回全日本選抜競輪」が20日、強いBS追い風に加えて不規則な突風も吹く中で開幕した。初日メインは3着までが準決切符のスタールビー賞に進む特選3番。10Rは松浦悠士が3番手キープから捲って1着。マーク小倉竜二が続き、捲り追い込んだ岩本俊介マークの内藤秀久が伸ばして3着。11Rは単騎カマシになった松井宏佑に終BSでスイッチした平原康多が勝利し、諸橋愛が続いた。諸橋後位を確保した山田英明が3着。12Rは逃げた深谷知広を人気の郡司浩平が差したが2着。外強襲の清水裕友に屈した。深谷は3着。2日目スタールビー賞は地元の郡司を本命視。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加