ブレイク必至!? 巨人、次世代のスター候補5人(3)覚醒の予感漂う大型スラッガー

ブレイク必至!? 巨人、次世代のスター候補5人(3)覚醒の予感漂う大型スラッガー

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/11/25
No image

産経新聞社

ブレイク必至!? 巨人、次世代のスター候補5人(3)覚醒の予感漂う大型スラッガー

2022年シーズンは、5年ぶりのBクラスに沈んだ読売ジャイアンツ。オフには松田宣浩や長野久義といった抜群の実績を誇るベテランの補強を進めているが、来季の巻き返しにはやはり若手選手の底上げが不可欠といえる。そこで今回は、ブレイク必至と目される巨人の次世代スター候補5人を紹介する。

【写真】巨人、ポジション別・歴代最強選手たち

■秋広優人
・出身地:千葉県
・投打:右投左打
・身長/体重:200㎝/95㎏
・生年月日:2002年9月17日
・経歴:二松学舎大付高
・ドラフト:2020年ドラフト5位

規格外のスケールを持つ秋広優人。来季のブレイクを予感させている。

二松学舎大付高では、高校通算23本塁打を記録。投手としても活躍していたが、2020年ドラフト5位で内野手として巨人へ入団した。春季キャンプから早くも一軍へ合流すると、高卒新人ながらオープン戦でも積極的に起用され、貴重な経験を積んだ。

開幕一軍入りはならなかったが、シーズン終盤に一軍デビューを飾った。二軍では82試合に出場し、打率.229ながら8本塁打を放つなど自慢の長打力を発揮。同年オフには松井秀喜氏が着用していた背番号「55」を継承した。

高卒2年目の今季は、一軍出場こそなかったが、ファームでは109試合出場で打率.275、98安打、9本塁打、38打点の好成績。前年を上回る数字を残し、イースタン・リーグの最多安打に輝いた。さらに、今秋のフェニックスリーグでは4番を打ち、3本塁打をマーク。覚醒を予感させるシーズンを過ごした。

ブレイク必至!? 巨人、次世代のスター候補5人(4)
ブレイク必至!? 巨人、次世代のスター候補5人 全選手紹介

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加