【ソフトバンク】和田毅、7日楽天戦先発「大関を勇気づけられるような投球をしたい」

【ソフトバンク】和田毅、7日楽天戦先発「大関を勇気づけられるような投球をしたい」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/06
No image

ソフトバンク・和田毅投手が6日、7日の楽天戦(ペイペイD)の先発に備え、最終調整を行った。キャッチボール、ランニングなどで汗を流し「こういう状況なので長いイニングというのもあるけど、長いイニングを意識して打たれても意味はない。1球1球気持ちを込めて全力で投げる。その中で1人でも1球でも長く投げられたら」と今季4勝目に向け、意気込んだ。

エースの千賀が新型コロナに感染し、開幕からローテを担ってきた大関も左精巣がんの疑いで手術を行い、離脱した。「大関もああいう形になってしまって、本人が一番苦しい中で戦っている中で、本当に大関を勇気づけられるような投球をしたいと思っている。離れていてもチームは一緒だと思っている」と熱い思いを白球にぶつける覚悟だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加