巨人原監督「流れが」日本S球団ワースト13失点

巨人原監督「流れが」日本S球団ワースト13失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 9回裏巨人2死、ウィーラーの二ゴロはリクエストするも覆らず両手を広げる原監督(右から2人目)(撮影・横山健太)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

巨人は負の連鎖が止まらない。9回に7番手で登板した大竹が、1死満塁から投ゴロを本塁に悪送球。京セラドーム大阪が騒然とする中、2者がかえって、日本シリーズの球団ワーストとなる13点目を失った。投手陣が15安打を浴び、打撃陣は5安打2得点で大敗。日本シリーズ7連敗となった。

重苦しいムードの中、試合後、原監督は一塁側通路に現れた。「なかなか。何と言うか、やはり流れがね。こっちに来ないというかね。最初に渡してしまったというね、ところですね」と切り出した。第2戦の先発に今村を抜てきしたが、1回に重い3点を失った。「流れを相手に渡したかなという感じですね。まあ、明日1日ありますから。猛練習して明後日に備えますよ。以上」。今季最短の39秒で、自ら会見を打ち切った。

ソフトバンクとの日本シリーズは昨季から6連敗。打線は連敗数と重なる6試合連続の1ケタ安打に終わった。5回にウィーラーの2ランで追い上げたが、坂本、岡本の連打でつくった6回1死一、二塁のチャンスも生かせず。2回途中4失点で降板した今村のあとを受けた戸郷もグラシアルに2ランを許し、3回までに6失点。序盤で試合の大勢が決すると、7回には鍵谷が満塁本塁打を許した。第3戦から巻き返しをはかる。【前田祐輔】

▼巨人のシリーズ1試合13失点は球団ワースト。これまでは94年<1>戦で西武に0-11で敗れたのが最多だった。11点差は前記西武戦以来の球団ワーストタイ。

▼巨人は日本シリーズで楽天との13年<7>戦、ソフトバンクとの19年<1>~<4>戦、20年<1><2>戦と7連敗。シリーズ7連敗以上は58~61年巨人の9連敗、60~70年ロッテの7連敗に次いで3度目。シリーズの同一カード6連敗は初めて。

▼セのチームは13年<7>戦からシリーズのDH制採用試合で通算19連敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加