観光船沈没から2か月...斜里町は寄付金を捜索活動に充てる"基金条例"採択へ "集中捜索"は最終日

観光船沈没から2か月...斜里町は寄付金を捜索活動に充てる"基金条例"採択へ "集中捜索"は最終日

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道知床沖で2022年4月23日、26人を乗せた観光船が沈没した事故は、発生から2か月が経ちました。

警察の3日間の集中捜索は最終日となりますが、今のところ新たな手掛かりは見つかっていません。

観光船「KAZU1(カズワン)」が沈没した事故は、14人が死亡し、12人が依然として行方不明です。

北海道警の集中捜索は最終日を迎えましたが、今のところ行方不明者の新たな手掛かりは見つかっていません。

約40人態勢で知床半島から根室半島の北側まで捜索範囲を拡大し、根室市では沿岸を歩いて捜索するほか、水中捜索も行っています。

一方、地元の斜里町議会では、約1200万円の全国からの寄付を財源に、今回の事故の捜索活動や安全対策、慰霊事業に充てる基金条例が、23日午後にも採決される見通しです。

(「KAZU1(カズワン)」のワンは正式にはローマ数字)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加