【一問一答】プロ初安打初打点の阪神・井上「阪神を日本一に導けるように」

【一問一答】プロ初安打初打点の阪神・井上「阪神を日本一に導けるように」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/16

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)

阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=が八回に中越え二塁打を放ち、初安打初打点。お立ち台にトークに上がった。

--甲子園のファンに自己紹介をお願いします

井上 「え~…ドラフト2位の井上広大です!」

--この歓声、お立ち台からの眺め。どう感じますか?

「まさか1年目で自分がこの舞台に立てると思ってなかったので、1軍に上げてもらってから全然結果が出てなかったので、この一本をきっかけに、これからも前を向いてスタートラインだと思って頑張っていきたいと思います」

--打ったボール、打った感触は

「打ったのはチェンジアップ系のボールだったと思うので。感触としてはよかったので走って、ベースについたときにボールが(手元に)返ってきたのが分かったので、その時点で喜びがあふれてきました」

--二塁上で少し腕を上げたように見えた

「ヒットも出て打点にもつながって、これからもっとヒットも多く、打点も多くとれるような選手になりたいなと思います」

--監督からは声をかけられた

「ナイスヒットといわれたので、これからももっと多く打ってチームに貢献できるように頑張りたいなと思います」

--この初安打初適時打を誰に伝えたい

「お母さんです」

--将来、こんな選手になるという決意を

「阪神タイガースを日本一に導けるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします」

No image

ヤクルトに勝利し、ナインを出迎える阪神・井上=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加