フジテック、社長の取締役再任議案取り下げ 株主「説明責任回避」と非難

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[東京 23日 ロイター] - フジテックは23日、株主総会直前に内山高一社長の取締役再任議案を取り下げた。内山社長の取締役再任については、株主の投資ファンド、オアシス・マネジメントが創業家とフジテックとの間の取引などを問題視し反対を呼び掛けていた。

オアシスのセス・フィッシャーCIO(最高投資責任者)は総会終了後のメディア向けオンライン・ブリーフィングで「前例のないこと。株主に対する説明責任を回避した」と、総会直前の議案取り下げを厳しく批判した。

会社側では、内山社長再任の議案取り下げは取締役会で決めたことで、再任案が否決される可能性が高くなったことで取り下げたわけではない、と説明している。

今後、第3者委員会で追加調査を行い、問題がないことが判明すれば、指名報酬諮問委員会や取締役会で取締役就任の是非を議論していくという。

株主総会では、取り下げた議案を除くすべての議案が可決された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加