エアコンにできる限り頼らない、サスティナブルな家づくりの工夫

エアコンにできる限り頼らない、サスティナブルな家づくりの工夫

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/08/05

最近の家づくりでキーワードとなっているのが「サスティナブル」。持続可能なという意味です。SDGsの広まりによって、関心が高まりつつあります。『サステイナブルに家を建てる』(アノニマ・スタジオ刊)の著者で、翻訳家の服部雄一郎さんが、数ある工夫のなかからとくに、多くの家に応用できそうな「エネルギーの効率化」について紹介します。できる限りエアコンに頼らない住まいとは?

No image

2021年に自宅を新築した、服部雄一郎さんと麻子さん夫婦

家はコンパクトながら、外空間も活用してゆとりを

No image

家づくりをするのは夫婦にとって初めてのこと。2年近く話し合いをして、完成したのは2階建て95㎡の家。5人家族、かつ仕事場も兼ねる家としてはかなりコンパクトです。でも、外空間を取り込むようなつくりになっているので、広がりがあります。

この記事のすべての写真を見る

No image

高知県の山のふもとにあるこの敷地は、広々とした南向きの土地。もともと棚田だった場所なので、急な段差がありました。家づくりにあたって、土をならしてなだらかな傾斜にし、使いやすい地形にしています。西には離れの小屋を建て、果樹を植えたり、野菜を育てたり。

No image

家の一部でありながら、外空間でもある、わが家の土間。出入り口として、また、野菜や果物などの一時置き場として利用しています。テーブルを置いて、ちょっとした接客スペースにすることも。ちなみに、玄関は省略しています。

No image

家事スペースも戸外に。いわば、青空洗濯室といったところです。家の西側に深めの「差し掛け屋根」をつったので、雨天でも家事ができます。

貴重な床面積を洗濯機回りのスペースに割かない、というのがポイント。予算的にもエコ的にもメリットがあります。

エアコンになるべく頼らない。エネルギー効率を上げる工夫

「冷暖房になるべく頼らない家にしましょう」。設計士・和田純さんのそんな提案を受けて、高い断熱性能を備えることになったわが家。住みはじめてみて、その効果には驚くばかりです。

冬の朝も室温がほとんど15℃を下回りません。最低気温が氷点下になるような朝は、もう少し下がることもありますが、寒さが本格的になるまでは、エアコンをつける必要すらない朝が続きました。

No image

日差しの角度は夏と冬で変わるので、夏場は日差しが室内に差し込まないように、冬場は逆に日差しを室内に取り込めるように、ちょうどよい軒の深さを計算

軒の深さにも工夫を凝らしています。夏は室内に陽が射し込まず、冬は室内に陽が差し込むように調整。真冬でも晴天の日は室内が陽だまりのようになり、日中はまったく暖房が必要ありません。

加えて、風通しのよさにも考慮を。夏は扉を開ければ心地よい風が流れ、暖気をすんなり外へ逃がすことができます。

断熱材の素材は、グラスウールなどと同等の断熱効果が期待できる「羊毛」を予定していました。しかし、残念ながら予算面でかなわず。代わりに、通常の断熱材(グラスウールやポリスチレンフォーム)を使用しました。

プラスチックフリーの点では心残りでしたが、羊毛もアニマルウェルフェア(動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態)の観点では疑問が残ります。「80〜100年」というライフスパンを思えば、やむなしと自分に言い聞かせました。

ちなみに、「もみ殻の断熱材」という魅力的なアイデアも見つかりましたが、現状ではまだDIYベースの模様。自分たちにはハードルが高すぎるように感じられました。

●深い軒

No image

太陽の光をうまく生かす「パッシブソーラー」は究極のエコ。わが家は建物を南向きに建て、適切な深さの軒を出すことで、冷暖房のエネルギー消費は相当抑えられます。

●ペアガラス

No image

窓はどうしても熱が逃げやすい部分。「なるべくプラスチックフリーに近づける工夫」ということで、わが家は「アルミ枠ペアガラス」を採用。断熱効果もそれほど下がらないようです。

●シーリングファン

No image

冷暖房の効果を部屋中に行き渡らせるための必需品。これがないと、せっかく暖房で暖めた暖気が天井付近に集まってしまいます。夏は「夏モード」にすると、冷気を下にかくはん。扇風機としての役割も多少は果たしてくれます。

●風の通り道

No image

風通しのよい家づくりの第一歩は、「風向きを知ること」。設計士の指示で、家を建てる前の土地に毎日のように足を運び、風向きを観測しました。

No image

実際に扉を開け放つと、西から東に一直線に風が抜けます。風の通り道は、いわば自然の扇風機兼換気扇。夏の夕方、室内にたまった熱気を一気に逃がしてくれます。

身の丈にあった「サスティナブル&エシカル」な家づくり

No image

新居に住み始めてから1年以上が過ぎました。陽だまり暖かさ。家の中を通り抜ける風の心地よさ。身近な自然の力を借りて、できる範囲で環境に負担をかけない。そんな住まいに家族はとても満足しています。

家は人生最大の買いもの。できる限り「サスティナブルかつエシカル」な家づくりをしたいところですが、これまでエコハウスや建築に明るかったわけでもないわれわれ夫婦が、一体どんな家がつくれるのか…。

そんな思いを抱えながら、わが家なりの全力で挑んだ家づくり。はてしない可能性のある家づくりのほんの一例に過ぎませんが、相当なエネルギーをつぎ込んだことは確かです。この試行錯誤の山が、みなさんの家づくりのインスピレーションとなれば、これほどうれしいことはありません。

日刊住まい編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加