アドビ、Premiere Pro「音声のテキスト化」一般提供を開始

アドビ、Premiere Pro「音声のテキスト化」一般提供を開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/21
No image

「音声のテキスト化」がついに一般提供

アドビは7月20日、Adobe Creative Cloudのビデオ製品に関するアップデートをリリースした。日本語音声を自動でテキスト化できる「音声のテキスト化(Speech to Text)」機能などが一般向けに公開されるなど、作業の効率化を図ったアップデートに注目したい。

Premiereは「音声のテキスト化」を正式提供

動画編集ツールの「Adobe Premiere Pro」では、昨年のAdobe MAXで発表され、その後早期アクセスプログラムでのみ提供されていた「音声のテキスト化」がついに一般提供を迎えた。同機能は、動画内での話者が語る内容を、自動でテキストに起こしてくれる機能。Adobe Senseiの技術を活用し、テキストに起こした内容を、音声のタイミングに合わせたキャプションとして自動配置できるほか、外部のSRTファイルとして保存することにも対応する。なお、話者が複数いる場合には、話者ごとにテキストが識別される。

No image
No image

キャプションの装飾機能が追加

同機能において、多くの日本ユーザーの要望を反映したポイントとしては、キャプションに対して装飾機能が追加されていることが挙げられる。具体的には、「エッセンシャルグラフィックス」パネル上のタイトルやキャプション作成機能が強化されており、新たに、テキストレイヤーに対して複数の「シャドウ」の適用や、テキスト背景の角丸化などに対応する。

No image

また、廃止予定の「レガシータイトル」に対する救済策が用意されたことも覚えておきたい。レガシータイトルから作成中のテキスト箇所が編集できなくなってしまう事態を防ぐため、レガシータイトルで作成した部分をエッセンシャルグラフィックスパネル上からも更新や修正を行えるようになった(具体的には、プロジェクト内のレガシータイトルを選択した状態で、「グラフィック」のメニュー内にある「レガシータイトルのアップグレード」または「すべてのレガシータイトルをアップグレード」を選べばよい)。

No image

M1チップを搭載するMacシリーズにネイティブ対応したことにも注目だ。具体的な改善として、アプリ起動から書き出しまで、平均して77%の高速化を実現。起動で50%高速化、プロジェクトを開く際で77%高速化、プロジェクトの保存で16%高速化した。なお、既存機能の処理速度については、ひと続きの動画に対してシーンの切り替えを認識し、自動でインデントやカット点を挿入する「シーン編集の検出」機能において、Windows・MacOSで2倍の高速化、M1では3倍近い高速化が実現されているという。

そのほか、Windowsにおいては、外部マイクやヘッドフォンなどオーディオデバイスの差し替えを自動認識する機能も追加された。

ちなみに、6月に発表された内容だが、今後Premiere ProのUIが段階的に刷新されていくことも告知されていることも関連するトピックだ。パブリックベータとして「フェーズ1」を導入。具体的には、読み込みモード、ヘッダーバー、書き出しモードの3点が変わるという。例えば、読み込み時において、従来は解像度やフレームレートなどの“箱”を先に設定する流れがあったが、新UIではより直感的なものに刷新される。

No image

プレビューやレンダリングが高速化する

AE(ベータ版)はマルチフレームレンダリングに対応

モーショングラフィックスソフトの「Adobe After Effects」では、ベータ版としていくつかの機能が追加される。まず、マルチフレームレンダリングに対応することで、プレビューやレンダリングが高速化する。また、「Adobe Media Encoder」を使用した書き出しも最大で3倍高速化するという。バックグラウンドでのレンダリング中に、コンポジションの編集を継続可能になることもポイントだ。

また、リモート通知機能が導入される。これにより、レンダリングが完了した際に、Creative Cloudのデスクトップおよびモバイルアプリ経由、またはEメール経由などで通知が行われ、モバイル機器やスマートウォッチなどでもレンダリングの進行状況を把握しやすくなるという。

Character Animator(ベータ版)は手足の動き反映ができるように

直感的にキャラクターを操作してアニメーションを作成できる「Character Animator」では、M1 Macにネイティブ対応したことがトピックだ。これにより、該当機種ではパペットならびにアートワークの読み込みで2倍、ワークスペースの切り替えで3倍高速化するという。

No image

プリセットをカスタマイズして使える「パペットメーカー」

また、ベータ版として提供される機能としては、プリセットをカスタマイズして使える「パペットメーカー」が追加された。具体的には、「パペット作成」を選択すると、「パペットメーカー」という画面が開き、プリセットのスタイルを微調整しながら素早く利用を始めることができる。

No image

ベータ版に追加される新機能「ボディートラッカー」。腕、上半身、足の動きなども反映できるようになる

ベータ版として追加される新機能としては、「ボディートラッカー」にも注目だ。従来は、パペットに対して、クリエーターの口や頭の動きくらいしか反映できなかったが、新たに、腕、上半身、足の動きなども反映できるようになる。

No image

ちなみに、ベータ版の機能を利用してみたい場合には、デスクトップ版Creative Cloudアプリにある「ベータ版アプリケーション」の画面から各ツールのベータ版をインストールするなどすれば良い。

■関連サイト

Adobe Premiere Pro

井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加