レアル、2023年夏に契約満了のバルセロナDFのフリー獲得を画策か

レアル、2023年夏に契約満了のバルセロナDFのフリー獲得を画策か

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/01/14
No image

ロナルド・アラウホ 写真提供: Gettyimages

レアル・マドリードが、バルセロナに所属するウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

2019年8月にバルセロナのBチームに加入したアラウホは、2019年10月にトップチームデビュー。192cmの体躯を生かした空中戦の強さやアスリート能力だけでなく攻撃能力も兼ね備えている同選手は、ロナルド・クーマン前監督のもとでレギュラーに定着すると、今季も公式戦22試合に出場している。

そんなアラウホとバルセロナの現行契約は2023年夏までとなっているが、契約延長交渉は保留状態にあるという。そして、マドリードは2018年夏にも獲得を目指したウルグアイ代表DFの状況を注視しており、来夏にフリーで獲得することを画策しているようだ。

なお、アラウホの代理人であるフラビオ・ペルチマン氏は数ヶ月前に2021年以内に契約延長に向けた交渉を行うとコメントしている。バルセロナの必要不可欠選手に成長したアラウホだが、最大のライバルであるマドリードへの”禁断の移籍”をすることはあるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加