電磁波過敏症の男性、暖房が使えず冬の間は家族と離れて暮らすことに(英)

電磁波過敏症の男性、暖房が使えず冬の間は家族と離れて暮らすことに(英)

  • Techinsight
  • 更新日:2020/11/22
No image

イギリスに住む40代男性が、電磁波に対してアレルギー症状があることから多くの関心が集まっている。彼は家族の協力のもとスマートフォンはもちろんのこと、暖房などの全ての電気製品を使用せずに暮らしているが、冬は家族が暖をとれるように庭に小さな家を建ててひとりで暮らすことにしたそうだ。『The Sun』『Daily Star』などが伝えている。

英ノーサンプトンシャーでパートナーの女性や3人の子供と暮らすブルーノ・ベリックさん(Bruno Berrick、48)は、スマートフォンなどの電子機器や家庭で使われる電化製品に対する稀なアレルギーを持っているという。

ブルーノさんの体調に異変が起きたのは今から4年前のことで、頭の中が沸騰しているかのような感覚に襲われたのが始まりだった。それからというもの強い疲労感や頭部の灼熱感を繰り返す日々が続き、95キロあった体重は66キロにまで落ちてしまった。

自分の身に何が起きているのか分からずにいたブルーノさんだったが、症状が始まってから1年半後に米ワシントン州シアトルの専門家のもとを訪れた。そこで検査したブルーノさんの尿から大量の農薬の成分が検出され、そのため免疫システムに問題が生じていることが明らかになった。

ブルーノさんは当時のことを次のように振り返っている。

「2016年まで農薬が散布されている畑の隣に住んでいました。そのため身体に害が及んでしまったようですが、検査の時まで原因が何かまったく分からなかったのです。」

しかし免疫機能に問題があるものの、疲労感や頭部の灼熱感などの症状が起きる直接的な原因が見出せなかったブルーノさんは昨年、英イースト・サセックス州ブライトンで同じ症状で苦しんでいる人達が集まるセミナーに参加した。

ブルーノさんはセミナーの講演者だったジェフ・シモンズさん(Geoff Simmonds)と話す機会があり、彼から「あなたの症状はWi-Fiやインターネット、スマートフォン全てのものから隔離しなければ決して良くなることはありませんよ」と言われたそうだ。

この時にブルーノさんは5Gなどの電磁波に対する電磁波過敏症だと悟ったそうだ。実はブルーノさんが当時住んでいた家の近くには携帯電話基地局の塔があり、彼のパートナーであるリサ・チェンバースさん(Lisa Chambers)の勧めもあってラトランドの郊外にある静かな町へと引っ越した。

リサさんは引っ越しした後のブルーノさんについて次のように語った。

「ここに住んで6か月経ちますが、ブルーノの体調は徐々に良くなっています。体重は少し増加して、4年間全く子供たちと遊ぶこともできなかったのに今では一緒に本を読んだりしています。」

一方でブルーノさんも「ここに来てから4か月で20ポンド(約9キロ)も体重が増えたんですよ。でもテレビや照明、そして暖房もつけることもできません。電気をつけたら10分以内に視界が暗くなり、目が奥に引っ込むような感覚を覚え、10歳も老け込んだ顔になってしまうんです」と明かしている。

ブルーノさんが住む家には現在、5Gの電磁波から保護するシールド塗料が全体に塗装されており、家族全員が協力しながら電気を最小限に抑えた生活をしている。また夕方になるとテレビはもちろんのこと、家中の電気を消し、暖房さえも止めて過ごしているそうだ。

しかしながら寒い冬を迎えるにあたって家族が暖をとれるようにブルーノさんは庭に自分専用の小さな家を建てて、冬の間はそこでひとりで過ごす予定とのことだ。

画像は『Daily Star 2020年11月16日付「Man claims ‘5G and electricity allergy’ is making him a prisoner in his own home」(Image: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加