【JRA】柴田未崎騎手が引退へ 今週末がラスト

【JRA】柴田未崎騎手が引退へ 今週末がラスト

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/06/23
No image

引退を発表した柴田未崎騎手(2021年9月11日撮影、(C)netkeiba.com)

柴田未崎騎手(栗東・飯田雄三厩舎)が6月30日(木)をもって騎手を引退することがわかった。引退後は、栗東の大橋勇樹厩舎で調教助手となる予定。23日にJRAが発表した。

柴田未崎騎手は1977年生まれの45歳。同期には福永祐一騎手、和田竜二騎手、双子の兄である柴田大知騎手がいる。

1996年3月2日の中山3Rにてヒサゴシズカ(12着/16頭)でデビュー。初勝利は同年6月16日中山1Rのマイネルダンケ。2011年に一度騎手を引退したが、調教助手に転身後再び騎手免許試験を受験し、合格。2014年に騎手復帰を果たしていた。これまでに平地・障害あわせて94勝をあげている。

(JRAのホームページより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加