ロッテ・本前郁也は借金返済で勝率5割がかかるマウンド 「自分らしいピッチングができれば」

ロッテ・本前郁也は借金返済で勝率5割がかかるマウンド 「自分らしいピッチングができれば」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

ロッテ・本前郁也

6月24日のオリックス戦(ZOZOマリン)に先発するロッテ・本前郁也投手(24)は23日、ZOZOマリンスタジアムで調整練習を行い「しっかり初回から腕振っていくっていう、自分らしいピッチングができれば」と今季3勝目を目指す。

北翔大から2020年育成ドラフト1位で入団した左腕。昨年3月に支配下選手登録され、4月1日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初先発初勝利を挙げた。今季は4試合登板(先発3、中継ぎ1)で2勝0敗。前回登板した6月17日の日本ハム戦は、中継ぎで4回を3安打無失点と好投し、故郷の札幌で初めて勝利投手になった。

季節は梅雨の真っただ中。チームは借金返済の勝率5割がかかる。本前は「天気もいろいろとあると思うんですが。湿気とか…。まあ、そこを対策しながらやっていきたいと思います」と、あらゆる準備をして本拠地のマウンドに立つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加