「原爆の火」前で平和を祈る式典 広島投下から77年 福岡県八女市星野村

「原爆の火」前で平和を祈る式典 広島投下から77年 福岡県八女市星野村

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/08/06
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

広島に原爆が投下されてから77年の6日、福岡県八女市の星野村でも平和を祈る式典が開かれました。

この式典は、地元出身の山本達雄さんが原爆投下直後の火を広島から持ち帰り、ともし続けたことを受け、毎年行われています。

式典には約150人が参列、広島に原爆が投下された午前8時15分に黙とうを捧げたあと、地元の小中学生の代表が戦争の悲惨さなどを記した「平和の誓い」を読み上げました。

◆星野小学校6年生

「戦争だけは、いかなる事があっても起こさないようにしてくれ、武力を使った殺し合いを絶対してくれるなということが、私が息のある間の頼みです」

ロシアによるウクライナ侵攻が続く中での開催とあって、参列者は、原爆の犠牲者を悼むとともに、平和への思いを新たにしていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加