簡単に部屋の雰囲気が変わる♪《クッションシート&リメイクシート》でおしゃれ度UP

簡単に部屋の雰囲気が変わる♪《クッションシート&リメイクシート》でおしゃれ度UP

  • folk
  • 更新日:2020/09/17

クッションシートやリメイクシートが便利

今のインテリアに飽きてきた方、壁紙についた傷などを隠したい方、インテリアは気に入っているけど少し模様替えしたい方におすすめなのが《クッションシート&リメイクシート》です。これらを使えば気軽に部屋の雰囲気を変えられます。今回はクッションシートやリメイクシートの活用例を紹介いたしますので、ぜひ部屋づくりの参考にしてくださいね。

クッション&リメイクシートの活用アイデア

キッチン前に貼る

ちらっと写真に写っていますがキッチンのシンク前にクッションシートを貼り、キッチンのイメージを変えられていますね。キッチンは毎日何度も使う場所ですし、お気に入りの空間に変えることで料理や掃除も捗りそうです。

お部屋の角に貼ってアクセントにする

レンガ調のクッションシートを部屋の角に貼ることで、インテリアのアクセントになっていますね。濃い色が加わると空間が引き締まります。壁に穴を開けることなく、しかも壁紙の上から貼れるので便利ですね。

キッチン前のカウンターに貼る

キッチン前のカウンターにクッションシートを貼り、インテリアを楽しまれています。たくさんのグリーンに囲まれたお部屋の雰囲気と、レンガ調のデザインがマッチしていますね。クッション性があるので、小さな子供がいるご家庭にもおすすめのアイテムです。

腰くらいの高さまで貼る

テレビの後ろに腰壁の代わりにクッションシートを貼られていますね。壁全体に貼るよりもナチュラル感が出ていておしゃれです。子供がいると壁に傷がついたり汚れてしまうことも多いのですが、汚れ防止にもなりますね。

同じく腰壁の代わりにリメイクシートを貼って、お部屋のイメージチェンジをはかっていますね。白いレンガと茶色いレンガでは、また印象ががらりと変わります。茶色いレンガのリメイクシートは、よりナチュラルな雰囲気をつくってくれますね。

ランダムに貼る

白いクッションシートなので少し見えづらいのですが、ぎっしり敷き詰めるのではなくランダムに貼るのも素敵ですね。白いレンガ調のクッションシートなので、お部屋に圧迫感を与えず馴染んでくれています。

こちらのお部屋ではリメイクシートを使って、お部屋の壁をおしゃれに変えていますね。北欧テイストのお部屋に近づきますし、レンガ調のデザインは温かみをプラスしてくれるのでおすすめです。

キッチンの壁をリメイク

キッチンが味気ないと、なんだか料理する気分も上がりませんよね。リメイクシートをキッチンの壁に貼って、明るくおしゃれな空間を作られています。リメイクシートなら汚れても拭き取るだけでキレイになるので、お手入れも非常に簡単なんですよ。

飾り棚のスペースに貼る

クッションシートを飾り棚の後ろのスペースに貼るアイデアも素敵ですね。均等に貼っていくのではなく、ランダムに貼ることでおしゃれ度がUPします。インテリア雑貨よりも目立たず、インテリアに馴染んでくれますね。

ベンチソファの後ろに貼る

ベンチソファの後ろ側にクッションシートを貼られていますね。真っ白な壁でも明るく清潔感があって素敵なのですが、少しデザインが入ると雰囲気も変わります。気軽に変えられるので、気分に合わせてインテリアを変えてみてはいかがでしょうか。

クッションシート&リメイクシートまとめ

今回はクッションシートやリメイクシートを使った活用アイデアを紹介いたしました。家具などはあまり買い替えることがないですし、インテリア雑貨だけでは部屋の印象をガラッと変えることは難しいですよね。クッションシートやリメイクシートを使えば、簡単に部屋のインテリアイメージを変えられる優れものです。ぜひ取り入れてみてくださいね。※レンジフード等、コンロ付近へのリメイクシート設置は火災を招く可能性があるためご注意ください。

nozomi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加