『モニタリング』女性をハメるドッキリに怒り心頭「気分悪い」「ブチギレる」

『モニタリング』女性をハメるドッキリに怒り心頭「気分悪い」「ブチギレる」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/02/22
No image

(C)The Num Phanu / Shutterstock

2月18日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で行われたドッキリが、視聴者の物議を醸してしまった。

【関連】『ナニコレ珍百景』下品すぎる“芸人のネタ”に苦情「食欲消えた」ほか

問題となったのは、オープニングで放送された「夫が女性にモテたら…妻はヤキモチを焼く?」というドッキリ。一般人・芸能人夫婦がターゲットになり、1組目に登場した美男美女の若年夫婦は、夫が「職場の女子に貰った」と妻に革ジャンを見せつける。

この革ジャンは高級な上にサイズも夫にピッタリのため、妻はただならぬ空気を感じて徐々にイライラ。夫が「仕事もできるいい子」「俺の好み分かってるなー」などとつぶやくと、「既婚者って分かって贈ってるんだよね?」「宣戦布告された気分」など、露骨な嫉妬と怒りをにじませてしまった。

2組目のターゲットは、学生時代〝いい感じ〟だった女子のいる同窓会へ、夫が結婚指輪を外して行ったという設定。妻はこの事実だけでもショックそうな表情だが、夫が話の途中で、「さっきは楽しかったね~」などと上ずった声で通話すると、妻はついに詰問をし始めた。

妻サイドへの同情が殺到

芸能人はJOY・わたなべ麻衣夫婦がターゲットになり、JOYは先程のロケでアシスタントのモデルにもらったという設定のバレンタインチョコや手紙を見せつける。当初は妻としての余裕からか、全く贈り主を相手にしていなかったわたなべ。しかし、手紙を朗読するとさすがにジェラシーをにじませ、ドッキリは狙い通りの展開となっていった。

スタジオもVTRを見て爆笑していたが、パートナーが奪われまいかと心配になる妻の視点に立つと、ドッキリはなかなか酷なもの。こうした心境を慮ってか、視聴者からも

《逆の立場になったらどうか。相手が異性との仲をノロケてきたら気分悪いやろ》《これ番組の企画やったとしても 自分が奥さんの立場やったら ブチ切れてまう》《奥さんかわいそうだからもうやめてほしい ヤキモチって言うかもう苦しい》《モニタリングの奥さんにヤキモチ妬かせる企画? 意味わからん…ヤキモチ妬かせる方法が普通に間違ってるとしか…》《ヤキモチやくやかないのモニタリングって部外者からしたら笑えるけど、奥さんの立場だとしたらまじブチギレたい案件じゃない?》

など、妻への同情と番組サイドへの批判があがっていった。

不倫や略奪愛に敏感な社会である今、これを想起させるような企画はまずかったかもしれない。

【画像】

The Num Phanu / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加