【山口】周南市 高校生が商品化 お茶商品が完成

【山口】周南市 高校生が商品化 お茶商品が完成

  • yab山口朝日放送
  • 更新日:2022/11/25

山口県周南市の高校生たちが商品化に取り組んできたペットボトル入りのお茶が完成しました。

周南市の新南陽高校では、地元を盛り上げようと4月から和田地区の特産である「高瀬茶」の商品開発を進めてきました。高瀬茶は生産者の高齢化で出荷量が年々減少しています。

今回商品化された「ZUTTO CHA」はほうじ茶で、山と霧をイメージしたラベルも生徒たちが考案しました。まろやかな渋みとほのかな甘みが特長ということです。

「お茶を購入した人と生産者が、ずっとつながっていけるようにとの思いを込めて、ZUTTOCHAという名前にした」

「ZUTTO CHA」は周南市内のスーパーやコンビニエンスストアなどで販売されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加