九州新人開幕。最激戦区の第4ブロックは神村学園と大津が2連勝!

九州新人開幕。最激戦区の第4ブロックは神村学園と大津が2連勝!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/02/21
No image

第42回九州高校(U-17)サッカー大会が20日、長崎県島原市内で開幕した。参加16チームが4ブロックに分かれて予選リーグを開催。20日は第1節と第2節が行われ、再激戦区の第4ブロックは、神村学園高(鹿児島1)と大津高(熊本1)が2連勝としている。

第1節で前回優勝の大津と同3位の日章学園高(宮崎2)が激突。大津は主導権を握って試合を進めると、15分にFW上塚蓮が先制ゴールを奪う。日章学園もFW松下貴要のゴールで同点に追いついたが、大津はFW一村聖連の決勝点によって2-1で勝利した。もう1試合は、選手権16強の神村学園が前回大会準優勝の九州国際大付高(福岡2)に3-1で勝利。前半15分にMF篠原駿太のゴールで先制した神村学園に対し、九国大付は失点の3分後にCKからFW石松涼が同点ゴールを奪う。だが、神村学園は後半、ドリブルで違いを生み出すMF若水風飛のPKで勝ち越すと、DF笠置潤のヘディング弾で突き放した。

続く第2節で大津は九国大付と対戦。前半、上塚の2試合連続ゴールによって先制した大津は後半2分にも左サイドから崩し、U-17日本代表候補のエースMF森田大智が1タッチでゴールを奪う。九国大付も推進力のあるエースFW吉田晃盛や石松を中心に反撃すると、左WB岩熊唯斗が左サイドから蹴り込んだボールが相手GKの頭上を越えてそのままゴールイン。これで勢いづいたものの、大津は判断の速さや細かな技術で存在感放つ森田を中心に揺るがない。24分に森田を起点とした攻撃からFW一村聖連、MF宮川央佑と繋いでゴールを奪い、3-1で勝利した。

その大津を総得点で上回った神村学園がブロック首位に立っている。日章学園と対戦した神村学園は、試合序盤からグイグイとゴールへ向かっていたFW山元陸未がそれぞれ若水、篠原のラストパスから2ゴール。さらに前半30分、MF畠中健心が加点する。日本高校選抜帯同中のU-17日本代表FW福田師王が不在だったが、U-16日本代表MF大迫塁がボランチとしてゲームコントロールするなど前半を3-0で折り返す。

だが、前半から推進力のあるFW葭岡遥来やMF金川羅彌を中心とした攻撃でチャンスを作っていた日章学園は、後半6分にMF前田聖七が追撃ゴール。さらに13分にはCKから左SB片井野皐史が頭で決めて1点差とする。そして20分、前線で存在感放つ葭岡を起点とした攻撃からMF藤本優希が同点ゴールを奪った。互いに4点目を狙い合う中、次の1点を挙げたのは神村学園の方。アディショナルタイム1分、DF黒木春風の左ロングスローから交代出場MF片山捷真が右足ボレーでゴールを破り、神村学園が4-3で勝った。

21日の予選リーグ最終節で神村学園と大津が直接対決。ブロック1位が準決勝へ進出する。

【九州】

[予選リーグ第4ブロック第1節]

神村学園高3-1九州国際大付高

[神]篠原駿太(15分=補・若水風飛&畠中健心)、若水風飛(44分)、笠置潤(57分)

[九]石松涼(18分=補・岩熊唯斗)

日章学園高1-2大津高

[日]松下貴要(32分=補・金川羅彌)

[大]上塚蓮(15分=補・薬師田澪)、一村聖連(63分=補・小林俊瑛&坂田東梧)

[予選リーグ第4ブロック第2節]

神村学園高4-3日章学園高

[神]山元陸未2(5分=補・若水風飛&畠中健心、13分=補・篠原駿太)、畠中健心(30分=補・篠原駿太)、片山捷真(60分+1=補・黒木春風)

[日]前田聖七(36分=補・葭岡遥来&藤本優希)、片井野皐史(43分=補・新穂海斗&橋天飛磨)、藤本優希(50分=補・石崎祥摩&葭岡遥来)

九州国際大付高1-3大津高

[九]岩熊唯斗(38分=補・吉田晃盛)

[大]上塚蓮(13分)、森田大智(32分=補・一村聖連)、宮川央佑(54分=補・一村聖連&森田大智)

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加