日本ハム 2日の西武戦中 新たにドラ6今川、郡ら7人がコロナ感染判明

日本ハム 2日の西武戦中 新たにドラ6今川、郡ら7人がコロナ感染判明

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

札幌ドーム

日本ハムは1日、新型コロナウイルスの影響により2日の西武戦(札幌ドーム)を中止すると発表した。

4月30日に中島、西川、清水が新型コロナウイルスに感染したことが判明。その後、他の選手や監督、コーチ、スタッフ全員にPCR検査を実施したところ、ドラフト6位の今川優馬外野手(24)=JFE東日本、郡拓也捕手(23)、ロニー・ロドリゲス内野手(29)、高浜祐仁内野手(24)、飯山裕志内野守備コーチ(41)とスタッフ2人が陽性判定を受けたという。川村球団社長は「安心安全の確保を最優先に考え、中止せざるを得ないと判断した。現在は日本野球機構や管轄保健所と連携を取り、今後に向けた準備を整えてまいります」と球団を通じてコメントした。

今川はこの日「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録を抹消されており、郡、R・ロドリゲス、高浜、飯山コーチはベンチから外れていた。また浅間も保健所により濃厚接触者と判定され、登録を抹消されている。

1軍の試合でコロナによる中止は、昨年8月2日のソフトバンク-西武戦(ペイペイドーム)以来2度目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加