DeNA・大貫 根尾に満塁被弾し自己ワーストの8失点KO 前回登板の7失点に続いて...

DeNA・大貫 根尾に満塁被弾し自己ワーストの8失点KO 前回登板の7失点に続いて...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇セ・リーグ 中日―DeNA(2021年5月4日 バンテリンD)

No image

<中・D>力投する先発の大貫(撮影・椎名 航)

DeNAは先発・大貫が3回8安打8失点でKOされた。

初回に1死満塁のピンチを迎えると、高橋周に右中間フェンス直撃の2点二塁打。2死後には阿部に2点右前打を許した。

2回にソトの3ランで1点差となったが、3回には1死満塁から根尾に満塁本塁打を被弾。カウント2ボールからストライクを取りにいった3球目、142キロの直球を右中間スタンドに運ばれた。

登板前日には「打線としてつながれると大量失点になる。一人一人丁寧に投げたい」と話していた大貫。前回登板の4月27日の広島戦でも2回2/3を11安打7失点。8失点はそれを上回る自己ワーストとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加