オリックスT-岡田の初安打から2点を先制 山本由伸7回終え完全投球

オリックスT-岡田の初安打から2点を先制 山本由伸7回終え完全投球

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

オリックス対広島 7回裏オリックス無死一塁、右前安打を放つT-岡田(撮影・上田博志)

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス-広島>◇11日◇京セラドーム大阪

オリックスT-岡田外野手が、両チーム通じて初のHランプをともした。7回無死一塁で、広島の3番手・森浦から右前打。ここまで広島の継投の前に無安打無得点に抑えられてきたが、ついに初安打を記録した。

この安打から1死満塁の好機をつくり、杉本の中前打でオリックスが2点を先制した。

オリックス先発の山本は7回を終え、完全投球を継続中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加